名不虚伝

医心伝心~脈あり!恋あり?~ 名不虚伝 3話・4話 あらすじと感想






医心伝心~脈あり!恋あり?~ 名不虚伝 명불허전(ミョンブルホジョン) 全16話

第3回視聴率 第3回4.541%

第3回あらすじ

意識をなくし心拍停止状態に陥ったハラを助けたホ・イム(キム・ナムギル)は、訳も分からず警察署に連れてこられ、状況を上手に説明できず、身分証明書も持たないホ・イムは困った状況に置かれます。監視カメラを確認したチェ・ヨンギョン(キム・アジュン)は、ホ・イムが針を使ってハラを助けたことを知り驚きます。ホ・イムとは関わりたくないと思いながらも、警察署に彼をほっておくことができず迎えに行きます。

ホ・イムの腕の傷を心配しながらも、彼の正体が把握できず冷たく当たるヨンギョン。一人残されたホ・イムは行くあてもなく一人さまよい、チェ・チョンスルに拾われます。彼はヨンギョンの祖父で、ヘイム漢方クリニックの院長でした。ホ・イムの持っている鍼箱を見たチェ・チョンスルは、驚きながらもホ・イムの正体に気づきます。

一方、ヨンギョンに片思いするシンへ漢方(韓方)病院のVIP病棟の専門医として就任することになるユ・ジェハ(ユ・ミンギュ)が現れます。ホ・イムがハラを針治療する映像を確認した病院長は、正体不明なホ・イムを二度と病院に入れないよう命じ、ハラの手術を成功さえるようプレッシャーをかけます。

これまで手術を拒否してきたハラがついに手術を受けることを決心します。彼女を説得したのはホ・イムでした。偶然見つけた自転車を乗って練習をしていたホ・イムは、坂道でブレーキのかけ方が分からず、救急車で運ばれます。ヨンギョンに見つかるのを恐れていた彼をかばったのがハラでした。

その頃、玉突き事故が発生した連絡を受けたヨンギョンが緊急救命センターに向かうことに。。。 ヨンギョンにトラウマがあることに気づいたホ・イムは彼女が心配になり後を追います。後ろから鉄筋が刺さった患者が運ばれてくるのに気づかないヨンギョンのために、身を投げて彼女を助けます。鉄筋が背中にあたったにも拘わらず、無傷なホ・イム。彼は400年もタイムスリップして朝鮮に戻ります。ヨンギョンと共に。。。

第3回感想

第1話及び2話でのコミカルな演技が印象的だったキム・ナムギルですが、第3話でも笑える場面がたくさん登場しました。大げさなほどコミカルな時もありますが、漢方(韓方)医として鍼術を披露する場面では、真剣そのものでした。患者の病状を把握する力に優れている上、その腕前もさすが朝鮮一の鍼灸師です。

現代医学の観点からすると、心肺停止状態だったハラを鍼術だけで助けることは可能なのか?と疑問に思いましたが、今後は現代医学(西洋医学)を身につけることになるようなので、西洋と東洋医学の混合を観ることができそうなので楽しみが増します。

新たに登場した人物のユ・ジェハ(ユ・ミンギュ)は、今後ホ・イムのライバル関係を形成するようです。ユ・ジェハは朝鮮でもホ・イムを目の敵のように思っていた人物なので、過去に関係あった人物のうち、現在にタイムスリップしても影響を与える人物だと思われます。タイムスリップドラマの魅力は、過去に縁のある人物が現在でも登場する点で、ヨンギョンを巡って三角関係になりそうなのです。

「患者の命は必ず助ける」をモットーにするヨンギョンは、病気の母を亡くしています。病院に連れて行くことなく鍼術で、母の病気を治そうとした祖父への反発心から外科医になっていました。ヨンギョンの祖父のチェ・チョンスルは、ホ・イムが誰なのかを知っている人物のようです。ツンデレなおじい様って感じがドラマをさらに面白くしています。タイムスリップに関する秘密を知っている人物のようなので注目していきたいです。

まだ、その理由は謎ですが、ホ・イムがヨンギョンと共に16世紀の朝鮮にタイムスリップしました。目が覚めた二人の前に現れたのは、トラ(虎)でした!突然のトラに驚きましたが、朝鮮を舞台に描かれる今後の話も笑いありの面白い展開が続くのでしょうか。

第4回視聴率 第4回5.998%

第4回あらすじ

チェ・ヨンギョン(キム・アジュン)は、16世紀の朝鮮にタイムスリップしたとの実感がなく、何かの冗談だと思い、ハニャン中を確認しまわります。半信半疑しながらも朝鮮にいると気づいたヨンギョンは、再び現代にタイムスリップする方法をホ・イム(キム・ナムギル)に尋ねますが、ホ・イムからの返事は分からない。。。ヨンギョンはホ・イムが準備した韓服(ハンボク/伝統衣装)に着替え、歴史本でしか知らなかった朝鮮を体験することにします。

ホ・イムはドン・マクゲ(ムン・ガヨン)から、彼を追っているのが官軍だけではなく、ユ・ジンオ(ユ・ミンギュ)もホ・イムを探していると聞かされます。また、彼が姿を消した後、戦争まで起きたことを知ります。

ホ・イムを追うもう一人の人物、ドゥチルは酒幕(ジュマク)に泊まっているヨンギョンがホ・イムと一緒にいたことを思い出し、ホ・イムの居場所を聞き出そうとします。しかし、ドゥチルから無事に逃げたヨンギョンはホ・イムの居る隠れ家に向かいます。

一方、2017年のソウルでは、ハラの手術を前に姿を消したヨンギョンのせいで大騒ぎになります。監視カメラでホ・イムがハラを助ける映像を見たシンへ漢方(韓方)病院の院長は、ホ・イムに興味を持ち、彼の行方をさがします。

ヨンギョンの後を追ってホ・イムの居る隠れ家にドゥチルが現れます。治療を受けられなかった母が亡くなったことを恨み、ホ・イムを殺そうと火を放ちます。必死で集めた財物に火が燃え移ると、理性を失うホ・イム。火は屋根まで燃え移り、天井が落ちてきた瞬間、とっさにヨンギョンを抱きかかえます。

その後、二人は再び2017年にタイムスリップします。現代に戻ったヨンギョンは、急いでハラの手術のために病院に向かいます。朝鮮で見たホ・イムの姿にガッカリしたのか、戻ったヨンギョンは、ホ・イムに冷たくあたります。現代に再び戻ったことを新たなチャンスだと受け止めたホ・イムは、朝鮮に戻ることなく、現代で医員として生きていくことを決意します。

第4回感想

ホ・イムがずっと気にかけている少女ヨニですが、生きていました。やはりヨニがタイムスリップと何らかの関係があるようです。現代に戻ったヨンギョンは、ハラの手術をすることになるのですが、ハラの手術は成功することになるのでしょうか。

ホ・イムの神の手を思わせるような鍼術を披露する場面と、普段のホ・イムの姿にあるギャップがドラマを良いですね。二人が姿を消した後、ヨンギョンが残したスニーカーの片方を見つけたユ・ジンオは、今後ヨンギョンに興味を持ち始めそうです。ヨンギョンとホ・イムはどのタイミングで再び朝鮮にタイムスリップするのかが楽しみです。

実在したもう一人の人物のホ・ジュンが登場しますが、チョン・グァンリョルが主演した「ホジュン」が今でも記憶に残ります。現代の漢医学にも大きな影響を与えた東洋医学書をまとめるなど、朝鮮一の名医として名を残した人物です。ホ・ジュンの一生を描いたヒューマンドラマでした。様々なエピソードが描かれ、歴史ドラマとして好きな作品の一つでした。2013年にキム・ジュヒョク主演でリメイクされ「ホジュン~伝説の心医~」では、新たなエピソードなどが加わり、こちらも好きな時代劇の一つになりました。

しかし、このドラマでのホ・ジュンはホ・イムのタイムスリップを知る人物として登場しています。ヨンギョンが落としていった財布の中の写真を見て驚くホ・ジュン。今後どのような役割を果たすのかすごく楽しみのキャラクターの一人です。

再び現代にタイムスリップしたことを前向きにとらえるホ・イム。彼の目の前に建つヘソン韓方病院を目標に医員として、活躍することを夢見る姿がとてもお茶目でした。医師免許証なしで医療行為を行うことが禁じられていることなど、思いもしないでしょうね!

【豆知識】撮影地:インチョンにある「カトリック関東大学の聖母病院(Catholic Kwandong University International St. Mary’s Hospital)」

名不虚伝  5話・6話 あらすじと感想

名不虚伝 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

関連記事

  1. 名不虚伝

    医心伝心~脈あり!恋あり?~ 名不虚伝  11話・12話 あらすじと感想

    医心伝心~脈あり!恋あり?~ 名不虚伝 명불허전(ミョンブルホジョン)…

  2. 名不虚伝

    医心伝心~脈あり!恋あり?~ 名不虚伝  5話・6話 あらすじと感想

    医心伝心~脈あり!恋あり?~ 名不虚伝 명불허전(ミョンブルホジョン)…

  3. 名不虚伝

    医心伝心~脈あり!恋あり?~ 名不虚伝  13話・14話 あらすじと感想

    医心伝心~脈あり!恋あり?~ 名不虚伝 명불허전(ミョンブルホジョン)…

  4. 名不虚伝

    医心伝心~脈あり!恋あり?~ 名不虚伝  (ミョンブルホジョン)1話・2話 あらすじと感想

    医心伝心~脈あり!恋あり?~ 名不虚伝 명불허전(ミョンブルホジョン)…

  5. 名不虚伝

    医心伝心~脈あり!恋あり?~ 名不虚伝  7話・8話 あらすじと感想

    医心伝心~脈あり!恋あり?~ 名不虚伝 명불허전(ミョンブルホジョン)…

  6. 名不虚伝

    医心伝心~脈あり!恋あり?~ 名不虚伝  9話・10話 あらすじと感想

    医心伝心~脈あり!恋あり?~  名不虚伝 명불허전(ミョンブルホジョン…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

PAGE TOP