2019年

緑豆の花 キャスト・相関図 視聴率 感想とあらすじ

【スポンサーリンク】


放送予定

●【日本放送】
●【日本初放送】KNTV(2020/4/27から)月曜日20時から2話連続放送 字幕
【韓国放送期間】2019年4月26日- 7月13日

緑豆の花

녹두꽃

2019年放送 SBS 全24話

視聴率

平均視聴率 6.6% 시청률 最低視聴率第39回4.0%  最高視聴率第2回11.5%

SBS 녹두꽃

あらすじ

1894年、全羅道(チョルラド)。役人たちは税金着服、収賄など不正三昧で私腹を肥やし民は食べるものもなく苦しい生活を強いられていた。役人の庶子として生まれたイガン(チョ・ジョンソク)は幼い頃から民に暴行を働くよう父に育てられ、庶子という負い目から鬱憤を抱えながら生きていた。イガンの腹違いの弟イヒョン(ユン・シユン)は本妻の子としてエリート教育を受け日本留学から戻る。義母兄弟という関係でありながら、イガンは心優しい弟を可愛がり、イヒョンもまた兄を慕い、自分が生まれたことがイガンの立場を追い詰めたと思い兄に対する罪悪感を抱いていた。民衆の不満が募る中、イガンはある日商人のジャイン(ハン・イェリ)と口論になり非難される。

一方その頃、東学の指導者であるチョン・ボンジュン(チェ・ムソン)は身分差のない世界を目指し農民運動を密かに計画中だった。やがてイガンは、ボンジュンとの出会いから自分の道を見出し革命に身を投じていく。そしてジャインもまたイガンの本当の心の内を知り、運命を共にするように。そんな中、イヒョンは徴集され、農民軍の討伐に駆り出されてしまう。農民を想い立ち上がった兄と、誰よりも民のことを考えながらも時代の荒波に巻き込まれ銃を手にした弟、兄弟は敵同士として再会することになり…。

あらすじ 出典:https://knda.tv/kntv/program/kn200405/

相関図

出典:https://kntv.jp/program/kn200405/

キャスト

主要人物

チョ・ジョンソク ペク・イガン役 裕福なペク家の長男、イヒョンの異母兄 マンドゥクとユウォルの息子。東学農民運動屋別働隊隊長

ユン・シユン ペク・イヒョン役 ペク家の末っ子、イガンの異母兄弟 マンドゥクとチェさんの妻の息子。本妻の実子である嫡子。科擧を控えているエリート。秀麗な容貌、高邁な人柄、優雅な言動など何一つ欠点のない人物で、腹違いの兄ペク・イガンにも礼をもって接する。

ハン・イェリ ソン・ジャイン役 全羅道の行商人の大物、都接長のソン・ポンギルの一人娘

チェ・ムソン チョン・ボンジュン役 緑豆将軍 東学農民運動を導いた民衆の英雄

ぺク・マンドゥク一家

パク・ヒョクグォン ぺク・マンドゥク役 ペク・イガン、イヒョンの父 全羅道古阜官衙の悪名高い吏房(地方の役人)であり、大地主のペク家の主。

ファン・ヨンヒ チェ氏 -ぺク・マンドゥク正室夫人。次男のイヒョンの母

ペク・ウネ :ペク・イファ役-ぺク・マンドゥクの長女。イヒョンの姉。(チェ氏の娘) 異母兄弟のペク·イガン(チョ·ジョンソク)には敵対感を持つ。キム・ダンソンの妻

ソ・ヨンヒ ユウォル役 ペク・イガンの母

○○ ○○役 ぺク・マンドゥク一家の執事 生涯を独身で勤勉で忠実

東学人

ミン・ソンウク チェ・ギョンソン役   農民軍先鋒部隊の指揮官 豪放で楽天的な性格を持った人物

アン・ギルガン ヘスン役 僧侶。チェ・ギョンソン部隊のメンバー

ノ・ヘンハ ボドゥリ役 チェギョンソン部隊の狙撃。雲峰一帯を牛耳った人捕手の娘

ビョンホン(元TEENTOP) 稲妻 チェ・ギョンソン部隊の使者。別働隊斥候 ペク・イガンに抱かれて死を迎える。

チョン・ギュス トンロクゲ-肉屋、チェ・ギョンソン部隊のメンバー

パク・ジファン キム·ガ 淳昌出身の貧農。チェ・ギョンソン部隊のメンバー

キム・ジョンホ キム・ゲナム 農民軍総管領

ホン・オジン ○○役-井邑出身の武装接主。農民軍総管領

イム・ジュファン 全ボン準のチョジョク7村。対外連絡網主導

高付加の人

チェ・ウォニョン ファン・ソクジュ役 イヒョンの師。

パク・ギュヨン ファン・ミョンシム役 ペク・イヒョンの婚約者

チョ・ヒボン ホンガ役 全羅道高付加官衙ヒョンバン。マンドゥクの最側近→ソクジュの最側近→イヒョン最側近

チョ・ヒョンシク オクスェ役 古阜官衙の雑役夫、イガンの右腕 イガンを大将と慕い、常に行動を共にする。

キム・ドヨン チョルドゥ役  全羅道高付加官衙通。イガンの右腕 ペク・イガン(チョ・ジョンソク)を刃で刺す。

キム・ハギュン パク・ウォンミョン  チョ・ビョンガプの後任として赴任する高付加軍需。

全州の人

パク・ジイル ソン・ボンギル役 ソン・ジャイン(ハン・イェリ)の父 全羅道行商人の自治組織、全羅道イムバンのもジョプジャン。

キム・サンホ チェ・ドッギ役 軍人出身。ボンギルの義兄弟

ムン・ウォンジュ キム・ダンソン役 マンドゥクとチェ氏の妻の義理の息子。全裸監営のグンギョ。ペク・イファの夫。

イ・スンウォン キム・ムンヒョン役 大司憲、刑曹判書などを歴任して全羅道観察使に赴任した人物。 高慢で用意周到な性格。

○○ キム・ハクジン役 全羅道観察使

漢陽人

ユン・ソヒョン  :ホン・ゲフン-張英精霊管

ソン・オヒョン イ・ギュテ役 官軍先鋒

ソジェギュ イ・ドゥファン役 官軍の商人

チョン・グクファン 興宣大院君 高宗の父

キム・ジヒョン 明成皇后 閔妃 高宗の妃。興宣大院君の嫁

イ・チャンヨン  高宗 朝鮮第26 代の王であり大韓帝国第代皇帝在位1863 1907)

特別出演

チャン・グァン チョ・ビョンガプ役 高負荷軍需。

イ・ジョンホン イ・ヨンテ役 高負荷泯乱の真相調査と民心収拾のために派遣されたアンヘクサ。  三代前半に、過去に合格した後、イギリス、ロシア、イタリアなどの欧州駐在チャムチャン管を務めた外交官僚出身。

チョン・ムソン チェ・シヒョン 東学の第2代教主  教祖崔済愚が斬首を受けた後、潜伏と逃避を重ねながらも、人々の間に東学を伝播するために輝かしい功績を立てた人物。

イ・キチャン 武田陽介タケダ・ヨウスケ役 朝鮮駐在日本公使館の関係。浪人回組織天佑協をサポートし、各種工作を飾る。イヒョン日本留学時代の先輩。 賎民出身だが、明治維新に慶應義塾高等科を首席で卒業した秀才。社交的で陽気である

キム・インオ 鳳

パク・ソングン パク・ドンジン

チェ・デフン ミン・ヨンジュン

ファン・マンイク ○○役 甲午改革を主導した朝鮮の最後の領議政あり、最初の総理大臣

画像出典:https://programs.sbs.co.kr/

スタッフ /演出シン・ギョンス。脚本チョン・ヒョンミン。

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

なんだかなぁさんより

●甲午農民戦争に知識がなくても面白く観れる作品

韓国ドラマ「緑豆の花」は、2019年にSBSで放送され、平均視聴率が「6.6%」でした。平均視聴率が高いだけあり、とても面白いストーリーになっていたと思います。甲午農民戦争をベースになっており、全くその時代を知らない自分でも面白くできているなと感じました。

特に、主演している「チョ・ジョンソク」はとても良かったです。男前というのもあるのですが、役柄も惚れてしまいそうでした。悪いことばかりするのに、本当は心優しい男。父親のために悪事を働いているという難しい役柄も、観ているこちらに伝わるような演技をしていたので、さすがチョ・ジョンソクだなと感じました。

自分は、日本のドラマでも韓国のドラマでも歴史ものが好きで観ているのですが、日本の歴史もののドラマを含めても、この「緑豆の花」はトップクラスに面白いストーリーになっていると思います。出演していた「ユン・シユン」が放送終了後にインタビューに答えているのですが、彼自体は、少年時代から波乱万丈な人生を生きながら、徐々に野獣に変わっていく「ペク・イヒョン」を演じていました。

自分的には、難しい役を完璧に演じていたなと感じていたのですが、「緑豆の花は、寒い時に撮影がスタートして、暑い日まで山や平野を走っていた」そうです。ペク・イヒョンは、様々なポジションで様々な感情を演じないといけなかったため、荷が重かったそうですが、達成感も高かったそうで、楽しい作品だったとコメントしていました。

ストーリーを観ていると、日本や韓国の歴史ものにも緊張感があるシーンが多く、自分も手に汗を握る時が多かったのですが、演じているユン・シユンも、緊張感のあるシーンが多く大変でしたが、とても楽しく、有意義な作業でしたとコメントを残しています。

韓国ドラマ「緑豆の花」を最後まで観ていると、日本に関わっている雰囲気が出ていて、観ているのが辛くなる部分もあります。出演している俳優陣の演技が素晴らしいので、韓国ドラマが好きな人には観てほしい作品のひとつです。

【スポンサーリンク】


【スポンサーリンク】


2020年第2回開催

韓国ドラマ時代劇 美人女優 ランキング 2020

2020年第2回開催

韓国ドラマ時代劇 イケメン俳優 ランキング 2020

ピックアップ記事

  1. 韓国ドラマ時代劇 放送年順 一覧
  2. 韓国ドラマ時代劇 名子役 ランキング 2018
  3. 韓国ドラマ時代劇 イケメン俳優 ランキング 2020
  4. 韓国ドラマ時代劇 美人女優 ランキング 2020
  5. 韓国ドラマ時代劇ランキング 2020

関連記事

  1. 2013年

    ホジュン~伝説の心医~ 感想  視聴率 キャスト・相関図

    放送予定【日本放送】●BSテレ東 全68話(2020/7/27か…

  2. 2015年

    懲毖録 (チンビロク) あらすじ 視聴率 キャスト 感想

    懲毖録 (チンビロク) 징비록  全50話20…

  3. 2017年

    師任堂(サイムダン)色の日記 あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図

    【日本放送】●BSテレ東 全40話(2020/6/1から)月~金曜…

  4. 2014年

    王の顔  あらすじ 視聴率 キャスト 感想

    放送予定【日本放送】●BS-TBS(2020/9/6から) 日~…

  5. 2014年

    朝鮮ガンマン あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図

    【日本放送】●BS日テレ 全30話(2019/11/18から)月~…

  6. 2009年

    千秋(チョンチュ)太后 あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図

    ●BS-TBS(2017/2/7から)全80話。オリジナルは全78話。…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ

  1. 年代別一覧

    韓国ドラマ時代劇 放送年順 一覧
  2. ランキング(投票)

    韓国ドラマ時代劇 イケメン俳優 ランキング 2020
  3. ランキング(投票)

    韓国ドラマ時代劇ランキング 2020
  4. ランキング(投票)

    韓国ドラマ時代劇 素敵なオジサマ俳優 ランキング
  5. ランキング(投票)

    韓国ドラマ時代劇 名子役 ランキング 2018
PAGE TOP