恋慕

恋慕 (韓国ドラマ)全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率






放送予定 

【日本放送】 

●netflixでも放送

【韓国放送期間】 2021年10月11日~12月14日

下へ↓話数ごとのあらすじと感想↓

恋慕 れんぼ

연모  The King’s Affection

2021年放送 KBS 2TV月火 全20話

視聴率

平均視聴率 7.98% 시청률 最低視聴率第6回5.5% 最高視聴率第20回12.1%

出典:https://program.kbs.co.kr/

あらすじ

双子で生まれ、女児という理由だけで捨てられた子供が、世孫である兄が死んでしまったことで、男装して世子になることから繰り広げられる、謎めいた宮中ロマンス

相関図

出典:KBS

キャスト

主要人物


出典:KBS

パク·ウンビン イ·フィ役  [子役:チェ·ミョンビン]
王世子
隠さざるを得ない秘密を背負う王世子。雪のように真っ白な顔に氷のように冷たい目、神秘的なほど線のきれいな外見、それに近づけない威厳と誰も右に出る者のない文武の実力まで備えた完璧な王世子だ。しかし、いつも感情を表に出さないポーカーフェースで毒舌を飛ばし、誰にも簡単にそばを許さなかったため、女官たちのうち誰もがあえて寵愛を受けようなどとは夢夢でさえ考えられない。このように度を越した行動を許さない理由は、彼が死んだ兄の人生を代わりに生きている双子の妹であり、偽の王世子であるためだ。


出典:KBS

SF9 ロウン チョン·ジウン役  [子役:コ·ウリム]

侍講院司書
王世子イ·フィの師匠(世子侍講院、書筵官 / 세자시강원 서연관)であり初恋の相手。 ハンサムな顔と最高の着こなしセンスを持ったチョン·ジウンは根気、執念、度胸の男であり、虚虚実実、悠々自適、生まれつきの楽天主義者で、人生を思い切り楽しんで生きる時代の風雲児。 司憲府の執義の息子で、かつて科挙に合格した人材の中の人材だが、立身陽明「タンタンデロ(担々大路)」への道は後にし、筆の代わりに鍼を持った特別な事情がある。

 


出典:KBS

ナム・ユンス イ·ヒョン役

チャウン・王族
王世子のフィとは幼い頃から実の兄弟のように生まれ育った近しい仲だ。孔子の「正明思想」をそのまま実体化したような彼は、自分がいるべきポストとすべきことをはっきり見分けられる人物。礼儀に反するミスはせず、守らなければならない相手の空間を侵さない配慮で、正道を守り、一線を越えない。しかし、そのように正道を守る思いやりのある天性は、惜しくも誰かに向かう自分の気持ちまで心の中に閉じ込める囲いになってしまう。

 


出典:KBS

チェ·ビョンチャン キム·ガオン役
フィの護衛武士
感情を表に出さず、影のように黙々と王世子フィのそばを守る護衛武士。武芸で鍛えられた頑丈な体と無口な性格で若者の気運を放つ彼は、宮殿では常に羨望の対象となる。しかし、当の本人は、ただフィの安危を守ることにだけ専念し、守護者の役割にだけ忠実に臨む。計り知れない本心と同じほどに、秘密めいた過去を持っている男だ。軍令の忠実な軍人だった彼が東宮殿の護衛武士になったということ以外にはあまり知られていない。


出典:KBS

ペ·ユンギョン シン·ソウン役 
吏曹判書 シン·ヨンスの一人娘
こっちから見てもあっちから見てもセレブ感あふれる美貌の持ち主であり、誰の前でもひるまず、自分の主張を明確にすることができる最先端の女性だ。鼻高高の士大夫の令嬢で、並々ならぬ背景に安住しない情熱を持っている。また、危機をチャンスに変える賢い行動力で、ほしいものを必ずに入れることができるほどしっかりしている。世子妃の座を目指すが、ある日、それよりも欲しくなったジウンに出会い、一世一代の悩みに落ちる。


出典:KBS

DIA チョン·チェヨン ノ·ハギョン役
兵曹判書ノ・ハクスの年老いてできた末娘
娘バカの父のもとで育ち、生まれた瞬間から自分を大事にする環境の中で愛されてきたハギョンは、そのおかげで純度100%の透き通った魂を所有することができた。そんな純粋な笑顔で目の前の幸せを享受したある日、自分の全てを尽くしたい郎君に会う予定だ。


出典:KBS

ユン·ジェムン ハン·ギジェ役
フィの外祖父・左領儀政・サンホン君
男尊女卑思想で武装した朝鮮の士大夫。太上王を作った功臣で、恵宗の義父で、王世子フィの母方の祖父で、 勲旧派訓旧大臣を掌握し、権力の頂点に立っている。


出典:KBS

ペ・スビン チョン・ソクチョ役
ジウンの父。ハン·ギジェの腹心
正否を判別する正確な目を持っているが、正しいことが必ずしも正解ではないと考える現実的な感覚を持っている。それは他の言葉で言って、状況判断と政治的感覚が優れているということになるかもしれない。そうした自らの判断に基づいてハン・ギジェをはじめとする勲旧派と軌を一にしている。


出典:KBS

イ·ピルモ 恵宗 (へジョン) 役
フィの父
反政を起こして政権に就いた先王が、必要悪によって功臣たちの権力を育てる姿を見て、父親とは違う王になることを夢見た。しかし、双生児を出産した嬪宮が、生まれたばかりの娘を抱きしめて助けてくれと哀願した時、功臣たちの目を恐れて自分の口から生き返らせることができないと言って娘を捨てたとき、恵宗は自分の父と変わらない王になってしまった。

フィの周辺人物


出典:KBS

ペク·ヒョンジュ キム尚宮(サングン)役 東宮殿の尚宮。 フィには母親同然の存在で、フィの母親だった嬪宮の至密尚宮だったが、嬪宮の死後、フィの面倒を見てきた。 フィの出生から成長まですべての秘密の過程を知っている人物で、いつも盧心焦思フィの心配ばかりだ。


出典:KBS

コ·ギュピル ホン内官 役
東宮殿の内官
かつて、世孫(王の孫)に仕えた小官だった。世孫と顔が同じフィ(タミ)を最初に発見したのもホン内官で、ある日、世孫の突然の死によって世孫とフィの運命が入れ代わる、フィのそばで秘密を守り、フィの忠実な臣下であると同時に一番近い友達になる。


出典:KBS

キム·ジェチョル ユン·ヒョンソル 役
内禁衛*長
過去、世子妃の頼みで込んで双生女児のフィを密かに王宮の外に送り出した人物で、
世子時代から恵宗を守ってきた王の護衛武士だ。フィのすべての秘密を知っていながらも、 自分の主君である恵宗に最後まで知らせずに沈黙するのは、それが主君を守り、フィを守ることだと考えているからだ。(*朝鮮王朝時代、王宮を守り、王の護衛の役目を司った)


出典:KBS

キム·イングォン ヤン·ムンス役
侍講院 (シガンウォン) 報徳
フィの師匠で、シガンウォンの最高実力者。いつも王と世子の顔色を伺うことに汲々としているように見えるが、組織生活だけは最適化された人物だ。


出典:KBS

ノ·サンボ パク·ボムドゥ 役
侍講院 (シガンウォン) 文学
天才的な髪···。 しかし、世子の勉強部屋春房の前に立つといつも痛い。 ここが。そこが。 あちこちが。一生を読んで覚えた経書だが、世子太子の前に行くと、目が雪がぐるぐると難読症になるみたいなのは… ただ気のせいだろうか。


出典:KBS

キム·ミンソク チェ·マンダル 役
侍講院 (シガンウォン) 署理 (代理)
手が早くて、足が早くて、口が早くて…。あちこちに宮殿の消息を尋ねる侍講院の最高情報通、マンダル通信…。

チウンの周辺人物


出典:KBS

パク·ウネ キム氏夫人役
ジウンの母。チョン・ソクチョの夫人
名門家出身の美しく賢く淑やかな女性として有名だったが、息子と夫の間で心を痛めるために多少荒くなった。しかし、ジウンには誰よりも慈しみ深く頼もしい支援軍だ。


出典:KBS

チャン·セヒョン パン·ジルグム 役
ジウンの親しい弟のような存在
無邪気で臆病だ。自分と妹を死の危機から救ってくれたジウンを「兄貴」として慕う。ジウンの代わりに三開房(サンゲバン)を運営する人物


出典:KBS

イ·スミン パン・ヨンジ役 
ジルグムの妹
強気でしっかりしている性格で、物心のつかない兄を取り締まるのに忙しい少女。三開房でできないことを除いては全力を尽くす実力者で、客を集めることと口コミの鬼才だ。


出典:KBS

ホ·ジョンミン ク別監役 
大殿の別監

ジウンの親しい兄のような存在。ジウンが医員として活動していた時、密かに宮殿に入れて女官たちの施術ができるように助けたり、あらゆる消息を訊ねてくれる「ジウンの情報通」として活動したりもする。

王室の人々


出典:KBS

イ・イルファ 大妃役
フィの祖母
王室の最高の年長者であり、フィにとっては限りなく慈愛に満ちていて温かいが、外戚を朝廷に大挙布陣させ、自分の勢力を作ってきた、手強い「内攻の政治9段」。 王の逝去時、後継者を決めることができるという強大なカードを基に、 誰の手にも乗らない自分だけの政治を披露する。


出典:KBS

ソン・ヨウン 中殿役
中殿、恵宗 (へジョン) の継妃、フィの継母。
恵宗がフィに冷たいのが自分に対する愛で、自分の息子であるチェヒョン大君に対する信頼だと固く信じている。自らが淑儀から中殿になったように、チェヒョン大君も世子にならないとは限らないとし、意気地のない息子を王材に育てるために絶えず謀略を企てる。


出典:KBS

キム・テク ウォンサン君役
イ・ヒョンの兄・王族
柔らかさの中に秘められた野望を抱いている。穏やかな微笑みと謙遜な姿勢で指揮を補っているが、世子だった父が早く亡くならなくても、王の座は自分のものになったと思う。優しくて多感な裏面にひやりとするほどの冷静さを持つ二重の人物。


出典:KBS

キム・ソハ チャンウン君役
フィの叔父・王族
王族という身分を武器に放蕩し、狂気じみた行動を日常的に行う王室の問題児。ちょっとしたことでも興奮しやすい衝動的で攻撃的な性格で、自分の手に血をつけることを恐れない。 いや、もしかしたら、むしろそのような加虐を楽しんでいるのかもしれない。彼がこんなに大手を振っていられるのは、王室最高の年長者の大妃の庇護の下にあるからだ。自らの行動が朝廷において問題視される度に、大叔母である大妃に叱られるが、それっきり。許しを請うて背を向ければ、再び同じ行動を繰り返す「ソシオパス」的性向を持つ。


出典:KBS

チャ・ソンジェ チェヒョン大君役
フィの腹違いの弟。王族
母方の中殿と母方の祖父チャンチョングンは、「お前が世子の地位を取らなければならない」と言うが、チェヒョン大君には、王位に対する欲が少しもない。いつも兄さん、フィの愛情を渇望してきた チェヒョン大君は、自分の存在自体がフィにとって脅威となるのが辛い。


出典:KBS

ハン・チェア 嬪宮*役
フィの生母
双生は絶対不可という王命が下されたとき、双生女児の死を装って宮殿の外に出して、生かした。しかし、結局、父親のハン·ギジェにフィの存在がばれた後、朝鮮の地のどこにも娘が隠れるところがないということに気付き挫折する。目的はただ一つ。 自分の娘を生かすことだ。(*世子妃)

朝廷の人々


出典:KBS

パク·ウォンサン シン·ヨンス 役
吏曹判書・ソウンの父
合理的で中道的な性向で、ハン・ギジェとチャン・チョングン、どの勢力にも属さず、ひたすら自分の信念に従って行動する。無口で慎重な性格で、娘のソウンに厳しい父親だが、いつも娘の意見を尊重する。自分の論理通りに速断したり、束縛したりしない尊敬すべき父親でもある。


出典:KBS

チョン·ジェソン ノ·ハクス役
兵曹判書・ハギョンの父
ハン・ギジェ側の大臣として、官職の重さに比べて口数が多く、行動も軽い。 年老いて生まれた娘のハギョンを世の中で一番愛する朝鮮版娘バカ。


出典:KBS

ソン·ジョンハク チャン・チョングン役
プウォン君、領議政

柔順で柔らかいイメージで政治的影響力はなかったが、恵宗のしっかりした支持を受け急浮上している。いつか自分の外孫のチェヒョン大君が世子を追い出し、 王位を継ぐものと固く信じている。


パク・ギウン

 

出典:KBS

スタッフ /脚本:ハン・ヒジョン、演出:ソン・ヒョンウク、イ・ヒョンソク
作成:え/さ

話数ごとのあらすじと感想

●以下感想ネタバレ有

話数ごとのあらすじと感想

hg@さらんさん

恋慕 1話・2話 あらすじと感想
恋慕 3話・4話 あらすじと感想
恋慕 5話・6話 あらすじと感想
恋慕 7話・8話 あらすじと感想
恋慕 9話・10話 あらすじと感想
恋慕 11話・12話 あらすじと感想
恋慕 13話・14話 あらすじと感想
恋慕 15話・16話 あらすじと感想
恋慕 17話・18話 あらすじと感想
恋慕 19話・20話(最終回) あらすじと感想

作品感想

●朝鮮版「ヴェルサイユの薔薇」

輝く美貌と抜群に切れる頭脳、そして相当な武術の腕前まで持つ完璧な王世子フィ。しかし、その美しい花のような容貌とは裏腹に鋭いとげをいつも忍ばせていて、うっかり近づいたら刺されてしまうから、女官たちには取り入る隙さえ与えられない。しかも、舞台は王室。初恋の人との再会しても一緒に生きられない不幸な定め。まるで、「ヴェルサイユの薔薇」のオスカル様のようです。

朝鮮時代の王室で双子は不吉という設定から始まるストーリーですが、朝鮮時代だけでなく韓国のほかの時代のドラマでもありました。「善徳女王」という朝鮮時代よりもずっと前の新羅時代のお話でした。これは韓国だけのことなのかと調べてみましたら、日本や海外の皇室、王室でも双子を敬遠する風習があったことはあったようです。謂れ(いわれ)はいろいろありますが、良い理由ではありませんでしたね。

序盤はフィが過去の自分を知っているジウンを必死で退けようとしたり、ジウンがフィを女性と知らずに恋したりでドタバタしていましたが、どんどん政治的に深刻な流れになり、思っていた流れをいい意味で裏切り続けられて、展開も早くなり、時代劇好きにもかなり見ごたえのあるドラマになっていると思います。

主演のパク・ウンビンの演技は初めて見たのですが、男性よりも男性らしい演技に脱帽!乗馬に弓術、剣術と学ばなければならないことが多い時代劇ですが、それをしっかりとこなしていて、身のこなしもほんとに男らしくて惚れそうになりました。なのに、女性に戻るときはとてもキュートなんです。パク・ウンビンの代表作は「ホジュン~伝説の心医」「ストーブリーグ」など。

相手役のロウンは音楽番組のサバイバル形式オーディションから選ばれた9人組グループSF9で激しいダンスと甘いルックスが人気のリードボーカル担当だそうです。演技経験はまだ浅いですが、「偶然見つけたハル」での難しい演技を高く評価されています。曲げ姿が初々しくて演技も上手だと思いましたが、今回はパク・ウンビンの一人勝ちのようです。

若手の初々しい演技を底から支えるベテランの俳優たちも負けていません。特に主人公のフィの終世の敵である外祖父ハン・ギジェ(ユン・ジェムン)。この人は政治的に力があり、とても冷徹な人物で自分の孫であるフィまでも殺そうとします。この人が本当に本当に怖くて、すごい迫力なのです。見ているこちらも固唾を呑んで見守ってしまうくらいでした。主人公たちよりもド迫力のこの方の演技も注目して見てほしいところです。

 


ピックアップ記事

  1. 韓国ドラマ時代劇 美人女優 ランキング 2021
  2. 韓国ドラマ時代劇 名子役 ランキング 2018
  3. 韓国ドラマ時代劇 イケメン俳優 ランキング 2021
  4. 韓国ドラマ時代劇 素敵なオジサマ俳優 ランキング
  5. 韓国ドラマ時代劇ランキング 2021

関連記事

  1. 恋慕

    恋慕 17話・18話 あらすじと感想

    恋慕 れんぼ 연모  The King's Affection 20…

  2. 恋慕

    恋慕 7話・8話 あらすじと感想

    恋慕 れんぼ 연모  The King's Affection 20…

  3. 恋慕

    恋慕 5話・6話 あらすじと感想

    恋慕 れんぼ 연모  The King's Affection 20…

  4. 恋慕

    恋慕 3話・4話 あらすじと感想

    恋慕 れんぼ 연모  The King's Affection 20…

  5. 恋慕

    恋慕 9話・10話 あらすじと感想

    恋慕 れんぼ 연모  The King's Affection…

  6. 恋慕

    恋慕 1話・2話 あらすじと感想

    恋慕 れんぼ 연모  The King's Affection 20…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ

カテゴリー

  1. ランキング(投票)

    韓国ドラマ時代劇 美人女優 ランキング 2021
  2. ランキング(投票)

    韓国ドラマ時代劇 名子役 ランキング 2018
  3. ランキング(投票)

    韓国ドラマ時代劇 素敵なオジサマ俳優 ランキング
  4. 年代別一覧

    韓国ドラマ時代劇 放送年順 一覧
  5. ランキング(投票)

    韓国ドラマ時代劇ランキング 2021
PAGE TOP