幻影恋歌

幻影恋歌 あらすじと感想 キャスト 視聴率






放送予定 

【日本放送】 

未定

【韓国放送期間】 2024年 1月2日 ~2024年 2月20日

幻影恋歌

환상연가

2024年放送 全16話 KBS

視聴率

平均視聴率 2.225% 시청률 最低視聴率第12回1.4% 最高視聴率第1回4.3%

幻影恋歌

出典:https://program.kbs.co.kr/

あらすじ

相反する2つの人格を持つ男と、その男を愛した女の初々しい愛と強い執着を行き来するファンタジー恋愛時代劇で、同名の人気ウェブ漫画が原作

相関図

準備中

出典:

キャスト

主要人物


出典:KBS

パク・ジフン サジョ・ヒョン役

太子の本来の性格

外見はビジュアルセンター、頭脳は最後の1人の感覚である。

生来の美的感覚を持ち、衣服を作ることに才能がある。

幼い頃、父サジョ・スンから受けた心の傷が癒えなかった。我慢して生きると病気になるという言葉は、一つも間違っていなかった。絶望の中で生まれた第二の人格「アクヒ」を憎悪し、死ぬことができずに生きている。

そんなある日、ある女性と出会う。アクヒの女、ヨンウォルを…。できることなら、この女と手を取り合って、より良い世界を作りたい。彼女を傷つけることはない。離れて行かせることはない。

崩れかけていたヒョンの人生に、ヨンウォルは唯一の目的になっていった。


出典:KBS

パク・ジフン アクヒ役

太子の第二の人格

自分勝手だ、退廃的だ、危険だ、危険だ、危険だ!?

じっとしていてもオスの魅力が溢れ出す男。しかし、口を開けば「品格など犬にくれてやれ」とでも言うような直球発言が飛び出す。

夢に描いていたヨンウォルに会った。ひどく愛しているヨンウォルに。彼女が私だけを心に抱いていると思っていたのに…。

サジョ・ヒョンと夜の街を歩き、手を繋ぎ、キスするヨンウォルを見るのが恐ろしい。サジョ・ヒョンを殺してしまう。それでこの体の主人になるのだ。二度とヨンウォルとの愛を、邪魔されることはないだろう。


出典:KBS

ホン・イェジ ヨンウォル役

ゲラ、ウン・ヒョビ

滅亡したヨン氏王朝の唯一の子孫であり、ヨン・プンハク将軍の一人娘。

太陽のような晴れやかな笑顔に一度、誰にも負けない剣術にもう一度。男性たちの心をさまざまな方法で揺さぶる、多彩な魅力の持ち主である。

家門を失い、刺客集団「風刃」の団員「ゲラ」として生きてきた。ところが今度は記憶を失い、太子の後宮「ウン・ヒョビ」として生きなければならない?!

ここはどこ?私は誰?混乱に混乱を重ねる日常より耐え難いのは、鋭く刃を立てたかと思えば、いつの間にか愛おしくなってしまうサジョ・ヒョンだ。ヒョンの本当の姿は何なのか…なぜ私は彼に何度も未知の憐憫を感じてしまうのか…。


出典:KBS

ファンヒ サジョ・ユン役

大君

サジョ・スンの庶子であり、サジョ・ヒョンの腹違いの兄…?として知られている。

温かい感性で人を惹きつける、宮廷を代表するスイートガイ。人懐っこい笑顔がデフォルトで、笑った時に半端なく歪む目はボーナスだ。欲のないヒョンが嫌だった。嫡子として生まれて当たり前のことを享受する余裕を憎んだ。誰にも言えない歪んだ欲望。それを隠すために口角を上げた。自分の怒りが、サジョ・スンに認められなかったことから来ているのか、アサテの王になろうとする野望に由来するのか、気づかないまま、彼は暴走し始める。もう、偽りの笑顔などたたえる必要はない。


出典:KBS

ジウ グムファ役

皇后、ジン・チェリョン

サジョ・ヒョンの正室夫人であり、大宰相ジン・ムダルの娘。

王になりたかったが、王祖ではないため、王妃にでもなろうと決意した。古くから自分を慕っていたジ・ジョンソを利用してでも。サジョ・ヒョンの正室夫人は私なのに、なぜ火の海に飛び込んだように不安なのだろう。死ぬわけにはいかないと言いながら、グンファに一期一会のチャンスが訪れる。もう手段や方法を選ばず、奇跡を起こせばいいのだ。


出典:KBS

キム・テウ サジョ・スン役

アサテの王、サジョ・ヒョンの父。

ヨン氏王朝を倒し、反政で王位に就く。貪欲と野望で全てを手に入れたが、その裏側を知らなかった。過ぎたるは及ばざるが如しということを。苦しみを忘れるために、さらに残酷で好き勝手な暴君となった。しかし、「父が恥ずかしい」と叫んだ幼い息子の言葉が、ひとりで大人になってしまったサジョ・ヒョンが胸に突き刺さり、彼を苦しめた。どこからが間違っていたのか…。


出典:KBS

ウ・ヒジン チョン・ミョンビ役

サジョ・スンの後宮、サジョ・ユンの母。

サジョ・スンが抱える数十人の後宮の中で唯一「妃」の品格を受けた女性だ。私欲が深く、毒々しいようだが、すぐに自分の策略に陥り、倒れてしまう可愛い見かけ倒し。

野心も欲も嫉妬も多い彼女の一番の自慢は、息子のサジョ・ユンだ。ユンが王になれないのは、彼がサジョ・スンの庶子であることが千秋の恨となる母親である。


出典:KBS

カン・シンイル ジン・ムダル役

尚書、ジン・チェリョンの父

朝廷を手に握り、振り回しながら、半分は義理の息子のサジョ・ヒョンが王位に就く日だけを待つ。サジョ・ヒョンの心を一つも掴めない娘チェリョンが気にくわなくて仕方ない。サジョ・ヒョンがもはや良い手札ではないことに気づくと、素早くサジョ・ユンと手を組む。彼にとってサジョ・ユンも手段に過ぎず、人知れずジン氏の時代が開かれることを夢見ている。


出典:KBS

ファン・ソクジョン チュンタ役

様々な人格を持つ神秘的な巫女

計算的な野心家の男チュンタと色欲に満ちた愛の人、女チュンタが主に発現する。早く復権して巫女協会に戻ることが目標だったが…。アクヒだけでなく今やサジョ・ユンまで自身を放っておいてくれない。大変だ!このままでは、復権はおろか、肉体が消えてしまうかもしれない。

 

サジョ・ヒョンの周辺人物


出典:KBS

ウヒョン ヌン内官役

サジョ・ヒョンの最側近の内官

サジョ・ヒョンの側でアクヒを警戒する。ディスることが趣味、ディスが特技なヒップなオヤジ。ヒョンと殴り合いながらも決して一線を越えない、冗談半分本気半分の鬼才。宮中にサジョ・ヒョンを狙う者が多すぎて、老人の骨が折れそうだが、ヒョンが明るい笑顔を取り戻すことを誰よりも願っている。


出典:KBS

ハン・ウンソン ジ・ジョンソ役

ジ武官、サジョ・ヒョンの護衛武士。

官職がないので無官。ジ武官と呼ばれる。女性たちを虜にしたであろうビジュアルだが、実は一途な純愛ボーイだ。

チェリョンの家の下僕になって以来、チェリョンだけを愛するようになる、チェリョンの言うとおりに、チェリョンの望みどおりにサジョ・ヒョンの護衛武士となった。宮中で誰よりも寂しいはずのチェリョンが、火の海に飛び込もうとする彼女が心配だ。チェリョンのためなら、枯れ葉に過ぎない命はいつでも灰になる準備ができている。

 

ヨンウォルの周辺人物


出典:KBS

キム・ドンウォン ヤン・ジェイ役

刺客集団「風刀」の首領。

かつてヨン氏家の家臣として幼いヨンウォルを天下無敵の刺客に育て上げた。ひどいFM(野外教範)で徹底的に計画し、実行する完璧主義者。常にプランBを立てるが、ヨンウォルが後宮になったのはプランZにもないことだった…。ヨンウォルがただただ幸せになること。これもヤン・ジェイの長年のプランの一つである。


出典:KBS

イ・ジュアン ハラン役

風刀の団員

風刀のムードメーカーであり、欠かせない重要な人材である。

意地悪なイタズラでヨンウォルをからかういたずら好きな一面もあるが、誰よりもヨンウォルを信じ、尊重してくれる頼もしい協力者であり、友人である。


出典:KBS

シン・ギファン ホングン役

ウン・ヒョジョンの宮女

ヨンウォルと行動を共にする、良く言えば活発、悪く言えば散漫な宮女。悪い子じゃないよ、という言葉が似合う天真爛漫な魂。分かっていても知らぬふりをして宮殿のあらゆる事情を把握している、目利き百段の持ち主として、危機の瞬間のたびに、ヨンウォルにとって頼もしい救世主となる。


出典:KBS

オ・ジホ ヨン・プンハク役

ヨンウォルの父

ヨン氏王朝の子孫であり、民衆から尊敬される将軍。

ヨンウォルの優れた剣術の腕前は遺伝的な影響が大きいだろう。

文学の勉強より武術の練習が好きなヨンウォルが勇ましい武将になることを願った娘バカの父。竹馬の友サジョ・スンの裏切りで家門を失い、幼い娘を残したまま息を引き取る。


出典:KBS

チェ・ユンヨン ウン・ミソ役

ヨンウォルの母

ヨンウォルの太陽のような晴れやかな笑顔は、母親のウン・ミソに似たのだろう。優しいカリスマの代名詞。しかし、娘のヨンウォルにとっては間違いなく小言がうるさい母だ。ヨン・プンハクに劣らない剣術の腕前を持つが、無鉄砲に襲いかかる武士たちに立ち向かう術はなかった。ヨンウォルに後事を計るようにと最後の言葉を残し、目を閉じる。

 

朝廷の人々


出典:KBS

ユ・ヒョングァン 財務尚書へチャン役

兵官、刑判尚書と共にサジョ・ユンに従う朝廷官僚。サジョ・ヒョンと租税増額問題で対立する。


出典:KBS

キム・ギョンリョン 刑判尚書 ボムチョン役

兵官、財務尚書とともにサジョ・ユンに従う朝廷臣僚。二人の息子を無試験で官職に登用した経歴がある。


出典:KBS

イ・グァンフン 兵官尚書 モク・マジ役

刑判、財務尚書とともにサジョ・ユンに従った朝廷の臣僚。

 

その他の人々


出典:KBS

チョ・ハンジュン ギチュル役

サジョ・ユンの部下

サジョ・ユンの命令なら何でもする洗脳に近い忠誠心を持つ。たとえ自分の手に血がつくようなことであっても、喜んでこなす。私たちの空、私たちの神、私たちのサジョ・ユンのために。


出典:KBS

ムン・ユビン ノリサ役

グム・ファジョン 宮女

趣味は覗き見、特技は盗み聞き?察知が早く、情報はさらに早い。グムファのそばに寄り添い、彼女の目と耳になってくれる。

 

出典:KBS

スタッフ /演出:イ・ジョンソプ、脚本:ユン・ギョンア
作成:え.キ.ま

話数ごとのあらすじと感想

daisySSさん

幻影恋歌 1話・2話 あらすじと感想
幻影恋歌 3話・4話 あらすじと感想
幻影恋歌 5話・6話 あらすじと感想
幻影恋歌 7話・8話 あらすじと感想
幻影恋歌 9話・10話 あらすじと感想
幻影恋歌 11話・12話 あらすじと感想
幻影恋歌 13話・14話 あらすじと感想
幻影恋歌 15話・16話(最終回) あらすじと感想

作品感想

●相違なる二つの人格、、、二重人格の二人が1人の女性を愛したことで起こるファンタジーロマンス時代劇!

 

パク・ジフン主演の最新作!

ドラマの原作は、ウェブトゥーン(マンガ)で、作品に登場するのは架空の国と過去のトラウマから別の人格を持つ主人公が登場するファンタジーロマンスドラマで、軽いストーリーのロマンス時代劇です。

7日の王妃」のPDと「人生最高の贈り物 〜ようこそ、サムグァンハウスへ〜」の脚本家がタッグを組んだドラマです。

主人公を演じるのは元Wanna One出身のパク・ジフン。感情表現が豊かで繊細なだけでなく、高い演技力まで備え、注目を浴びています。

「コッパダン~恋する仲人~」への出演後、俳優としても注目を浴びたパク・ジフンは、2021年からは「遠くから見ると青い青春」や「弱いヒーローClass1」などでは主演を努めるなど、活発な俳優活動を続け、主演を演じることが多くなりました。

パク・ジフンが演じるサジョ・ヒョン(パク・ジフン)は、幼い頃のトラウマから、第2の人格である「アクヒ」が存在し、サジョ・ヒョンが起きている間は、アクヒは出現することなく、逆の場合はサジョ・ヒョンが出現することのない、二重人格者。

消極的な性格のサジョ・ヒョンとは別にワイルドで少しダークなアクヒを、上手に演じている印象を受けました。

サジョ・ヒョン(パク・ジフン)とアクヒ(パク・ジフン)と、三角関係を形成するのは、ヨンウォル(ホン・イェジ)。王を殺害するための刺客として送り込まれた人物で、過去の秘密を持っているヒロイン。

このドラマの最もの見どころは、ヨンウォルがサジョ・ヒョンに惹かれるのか、ワイルドだけど一途なアクヒに惹かれるのか、、、恋の行方。

個人的にはサジョ・ヒョンよりも、アクヒの方が素敵に思えました。ヨンウォルが困った時に、かならず現れては彼女を助けるのが、アクヒだったから。。。

ヨンウォルを演じるホン・イェジは、Produce 48出身で、2022年映画でデビューを果たし、ドラマは「幻影恋歌」で初主演を演じています。また、2024年放送の「世子が消えた」でも主演しています。

ホン・イジェは新人女優の一人で、どのような演技をみせるか、楽しめる一面もあります。

サジョ・ヒョン(パク・ジフン)の異母兄弟のサジョ・ユンをファン・ヒが演じています。王位を狙うファン・ヒとサジョ・ヒョンの対立がストーリーを盛り上げ、ハラハラする展開も描かれます。

パク・シフンとホン・イジェのケミストリー(相性)を見る楽しみもあり、ストーリーも見やすくロマンスドラマが好きな方に、お勧めしたいです。


関連記事

  1. 幻影恋歌

    幻影恋歌

    幻影恋歌 13話・14話 あらすじと感想

    幻影恋歌  환상연가 2024年放送 全16話  KBS第1…

  2. 幻影恋歌

    幻影恋歌

    幻影恋歌 5話・6話 あらすじと感想

    幻影恋歌  환상연가 2024年放送 全16話  KBS第5…

  3. 幻影恋歌

    幻影恋歌

    幻影恋歌 7話・8話 あらすじと感想

    幻影恋歌  환상연가 2024年放送 全16話  KBS第7…

  4. 幻影恋歌

    幻影恋歌

    幻影恋歌 15話・16話(最終回) あらすじと感想

    幻影恋歌  환상연가 2024年放送 全16話  KBS第1…

  5. 幻影恋歌

    幻影恋歌

    幻影恋歌 11話・12話 あらすじと感想

    幻影恋歌  환상연가 2024年放送 全16話  KBS第1…

  6. 幻影恋歌

    幻影恋歌

    幻影恋歌 9話・10話 あらすじと感想

    幻影恋歌  환상연가 2024年放送 全16話  KBS第9…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

PAGE TOP