仮面の王 イ・ソン

仮面の王 イ・ソン 17話・18話 あらすじと感想






仮面の王 イ・ソン(君主~仮面の主人~) 군주 – 가면의 주인 全20話 (※オリジナルは35分の全40話)

第17話 あらすじ

ケシ畑から子供たちと逃げる世子イ・ソンたちだったが、後から来た辺首会の追っ手に追いつかれてしまう。世子とチョンウン、コンが刀を抜いて戦おうとするが、ケシ畑が燃えているという声を聞いて追っ手は慌てて引き返していく。

焼き尽くされたケシ畑を見つめるファグンにウジェは早く逃げろと言うが、ファグンは世子を守るために留まると言って言うことを聞こうとしない。ウジェは全ての罪をかぶろうとするが、そこへ知らせを聞いて駆けつけたテモクが到着してしまう。テモクは怒りにまかせて配下を斬りつけると、その勢いのままウジェを責めて斬ろうとする。そんなウジェをファグンは自分がケシ畑に日を放ったと言って父をかばう。そこへテホが駆けつけ、全ては本物の世子が生きていてしでかしたことだと告げ……。

https://knda.tv/

 

teikokuさんより

第17話 感想

まさか、ファグンが亡くなってしまうとは。結局、命をかけて最期までイ・ソンへの愛を貫いたファグン。何度拒否されてもイ・ソンだけを想い続けた人生はまさに愛に生きた生涯。純愛でした。これほどの強い愛でも、イ・ソンには受け止め、答えることができなかったのだから、ファグンにとってはこうなってしまったことも本望だったと思います。ほんの少しでもイ・ソンから目を背けることができたなら、傍にはコンがいたのに。それができなかったのが哀れですが、その生き方は気高くて美しいです。

いくらテモクでも、ファグンを殺すことまではしないだろうと思っていましたが、まさか自ら手を下すとは。ファグンが言うようテモクにとって、花畑が自分の命よりも大切。だとしたら、ファグンに手を下してしまったのも納得できます。でも、辺首会の中にいながらファグンやコンのような、愛を知る人が育っていたところに救われます。

意外だったのはウジェです。まさか、あの弱腰のウジェがテモクに逆らうとは思いませんでした。ウジェは早くから花畑に目を付けていたので、解毒剤を作る手がかりを持っていそうです。今後、ウジェがテモクを倒す駒として、こちら側についてくれたら良いのですが。

それでもまだ、自分が世子として王位に付くことに迷うイ・ソンを諭したカウン。カウンはまるでろ紙のようにに、イ・ソンの迷いや不安を取り除き、クリーンな部分だけを残してくれたように思います。二人なら、国民ファーストの良い国を作ってくれそうです。

テモクとイソンはどこまで行ってしまうのでしょうか。そして、ようやく自らの手でこの国を辺首会から守るため、王位に付く決意を固めたイ・ソン。いよいよ全面対決です。ファグンの死を無駄にしないためにも、イ・ソンには何としても平和な国を作り上げて欲しいです。

第18話 あらすじ

テモクは辺首会の元老たちの前で、この機会に“殺生簿”を作り、辺首会に少しでも逆らう者たちを片っ端から消して新たな世界、辺首会の世の中を作ると宣言する。しかし、たび重なる不祥事に元老たちも、もしも失敗したらテモク自身が“殺生簿”に載ることになると言う。そして本物の世子が生きていて王座に帰ると言い出したらどうするのかと問われたテモクはすでに手を打ってあり、絶対に戻れないと断言する。

一方、コンにファグンが死んだと聞かされた世子イ・ソンは、ファグンの墓参りに行く。墓の前でファグンとの思い出を浮かべながら、これまで何度となくファグンに助けられ、支えられてきたことを世子はしみじみと思う。その様子を遠くから見ていたウジェ。コンはウジェの存在に気づくと近づいていき、解毒薬の秘方を尋ね……。

https://knda.tv/

 

teikokuさんより

第18話 感想

面白くなってきました。世子イ・ソンと偽物イソン、同じく「自分が本物の王だ。」と主張していても、やはり本物は気品も迫力も違います。それを宮廷にいる誰ひとりとしてわからないのだから、この王宮がどれだけ腐敗しているのか改めて知らされた気がします。

ユ・スンホとエル、二人の演技が光りました。特に、エルは顔の表情からしてアイドルらしからぬ憎らしい形相で、見応えたっぷり。台詞は吹き替えでしたが、声も良かったです。

終始ドキドキの展開で、目が離せませんでした。誰が敵で誰が見方なのか、全く分かりません。テモクはスパイを送り込む事に関してもかなりの腕前ですが、世子も一歩も引いていないです。誰を信じて良いのかもわからない状況で、見ていて緊張しっぱなしでした。

そんな中、尚膳を味方に付けられたのは大きかったと思います。彼は、宮廷内のことを良く知っているし、地位もある。何より全てに関して周到で抜かりがないです。尚膳のバックアップがあれば、これまで王宮を離れていたイ・ソンでもテモクと互角に対抗できると思います。

ファグンの死を知らされたイ・ソンですが、墓石の前でもやはり自分の事は忘れてとしか言えないのですね。正直なのでしょうが、ファグンに感謝を述べるだけに留めておいても良いのに、あえて自分は応えられないから忘れてくれと言う真っ直ぐさ。少しもぶれずにカウンしか見ていなことが伺えます。でも、これこそが本当の優しさなのだと思う。その気がないのに、へんに曖昧な態度を取られても辛くなるだけなのだから。ファグンは、それでも揺るがず愛を貫き命をかけた。もし生まれ変われるとしたら、ファグンにはその強い気持に答えてくれる人と巡り会って欲しいと思います。

自分の想いを通した孫娘を手にかけたテモクに対し、最期まで礼を尽くしたイ・ソン。それを見たウジェはどう思ったのでしょうか。コンがウジェに解毒剤の処方を聞いていましたが、ウジェにもイ・ソンの真っ直ぐな思いが通じて、力になってくれることに期待します。

イ・ソンは魅力があるのですね。尚膳も大妃も、最後にはイ・ソンに付く決断をしました。そんなパワーがあるイ・ソンなのに、心変わりしたイソンを戻すことはできないのでしょうか。今のイソンは、カウンを愛していると言ってはいますが、それよりもただイ・ソンにだけは負けたくないという気持が先行しているだけとしか思えません。

そんなイソンを見ていると、これまでの人生がいかに辛かったのかわかるような気がします。一度掴みかけた地位と名誉なのだから、今更諦めるなんてしたくない。あんなに優しかったイソンをここまで変えてしまう。権力の恐ろしさを感じさせられます。

相変わらず、コムルは可愛いです。しかも、今回は大活躍。実のお兄さんを苦しめる事になるとも知らずに、健気に頑張るコムル。もしかしたら、頑なイソンの心に入り込み、イソンを正してくれるのは、こんな風に何もわからず、ただ真っ直ぐなだけのコムルしかいないのではないでしょうか。今後、コムルの活躍に期待したいです。

一か八かの勝負に出たイ・ソン。大妃の説得を試みたものの、どうしても大妃は信頼しきれない部分があります。カウンが胎壺を探し出してくれると良いのですが。

予告では、イ・ソンが持つ毒に対する耐性で判断することになるようですが、これで周囲は信じてくれるのでしょうか。いずれにしても、肝心のチムの花がないのだから、もうこれ以上の毒も解毒剤も作れません。となれば多くの人達が死んでしまうことになります。やはり、解毒剤を調達しなければならない状況です。ウジェが知っているのかは明らかではないですが、一番近いところにいるのは確かです。世子を心から愛していたファグンの父と言うところに期待を込めて見守りたいです。

仮面の王 イ・ソン 19話・20話(最終回) あらすじと感想

仮面の王 イ・ソン(君主~仮面の主人~) 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

 


関連記事

  1. 仮面の王 イ・ソン

    仮面の王 イ・ソン 19話・20話(最終回) あらすじと感想

    仮面の王 イ・ソン(君主~仮面の主人~) 군주 – 가면의 주인 全2…

  2. 仮面の王 イ・ソン

    仮面の王 イ・ソン 1話・2話 あらすじと感想 ユ・スンホ イ・ソン役

    仮面の王 イ・ソン(君主~仮面の主人~) 군주 – 가면의 주인 全2…

  3. 仮面の王 イ・ソン

    仮面の王 イ・ソン 7話・8話 あらすじと感想 ユン・ソヒ キム・ファグン役

    仮面の王 イ・ソン(君主~仮面の主人~) 군주 – 가면의 주인 全2…

  4. 仮面の王 イ・ソン

    仮面の王 イ・ソン 11話・12話 あらすじと感想

    仮面の王 イ・ソン(君主~仮面の主人~) 군주 – 가면의 주인 全2…

  5. 仮面の王 イ・ソン

    仮面の王 イ・ソン 3話・4話 あらすじと感想 キム・ソヒョン ハン・カウン役

    仮面の王 イ・ソン(君主~仮面の主人~) 군주 – 가면의 주인 全2…

  6. 仮面の王 イ・ソン

    仮面の王 イ・ソン 13話・14話 あらすじと感想

    仮面の王 イ・ソン(君主~仮面の主人~) 군주 – 가면의 주인 全2…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

PAGE TOP