2013年

両班(ヤンバン)を返せ! あらすじ キャスト 感想






●MBC ドラマフェスティバル2013年10月31日放送 時代劇から現代劇までの幅広いラインナップ10編の短編ドラマから成るドラマ・フェスティバル その第5番目の作品 放送日:2013.10.31(木)23:35~

ドラマフェスティバル(드라마 페스티벌)

両班ヤンバン)を返せ 奴婢脱出記 (상놈탈출기) 全1話
2013年放送 朝鮮時代
視聴率 4.3% 
MBC 드라마 페스티벌 홈페이지 1 ドラマフェスティバル内 奴婢脱出記 (상놈탈출기) ページ
あらすじ 

チョンベギもまたウォルヒャンが好きであった。ある日、チョンベギはホヨンに薬を飲ませて気絶させ、奴婢としてホヨンを売りに出す。見慣れない場所、見慣れない者達の間で薬から覚めたホヨン。自分が奴婢ではないことを証明する術もなく、今まで全く知ることのなかった苦しいばかりの奴婢生活を送ることになる。しかし、そんな中で屈辱まみれの奴婢の現実を知り、不合理な構造から彼らを救おうとするが……。

キャスト 

パク・キウン:イ・ホヨン
ソ・ドンウォン:ホクロ(ホヨンの家の奴婢,本名-グィナム)
キム・ヨンゴン:領議政(ホヨンの父)
イエル:ウォリャン(妓生)
キム・ヒョンボム:人身売買の頭
ハン・ジュヒョン:プヨン
リュ・ヘリン:プヨンの小間使い
チョ・ウジン:パルボク(没落両班)
チョ・ヒョンド:チルボク(パルボクの息子)
キム・ドンソク:プヨンの父
ヨム・ドンホン:縣監
チョ・ドクチェ:縣監の家人

スタッフ 演出:オ・ヒョンジョン 脚本:リュ・ムンサン


みんみんさん

●大笑いできる痛快コメディードラマ

主演はイケメン俳優パク・ギウンですが、このドラマを見た時は今ほど名前がブレイクしていなかった時代だと思います(私は知らなかっただけかも?)1話完結ですがストーリーがシッカリしていますので、連続ドラマとは違う楽しみ方ができます。

内容は「ワガママ放題の両班のお坊ちゃま」が思わぬことから、自宅の奴婢に服を変えられてしまい道端で目が覚めたら、自分は奴婢の姿になっていた!「えっ?!俺に何が起きたの?」ということから始まるお話です。身分制度のあった時代に奴婢姿になった自分が「両班のお坊ちゃま」ということを証明する方法がなく、自宅に戻っても見た目だけで追い返され「俺はこの家の息子だぞー」と言っても相手にされず・・・。

なんだか奴婢の生活を強いられることになるのですが、ドラマの中でトイレに行くシーンがあるんですよ。急にやってきた腹痛にトイレの汚いことは我慢しますが、用が終わると「紙がない!!」そこで、いつものように「おーい紙が切れているぞ!早く紙をもってこい!」と言うと奴婢仲間の返事は「俺達が紙なんか使えるわけ無いだろう?拭くものならそこにあるだろう!」と怒鳴り返される始末。そして周りを見渡すとあったのはちょっと太めの麻ひも!「これでどうやって拭くんだーー!!」とトイレの中で大声で叫ぶ パク・ギウンに大笑いしました♪結局麻ひもの匂いを一度嗅ぎ「うぇっ」としながら紐を前後に引いて拭くんです。本当に面白かったシーンです。

最後には両班に戻ることができますが、それまでのお坊ちゃまとは変わり自宅の奴婢を大切にするようになるというおとぎ話みたいな要素があるドラマでした。


関連記事

  1. 2013年

    剣と花 あらすじ 視聴率 キャスト 感想

    BS-TBS「剣と花」2015年12月10日(木)放送スタート。毎週月…

  2. 2013年

    九家の書~千年に一度の恋~ あらすじ 視聴率 キャスト 感想

    放送予定●BSフジ(2018/4/2から)全21話(オリジナルは全2…

  3. 2013年

    花たちの戦い -宮廷残酷史- あらすじ 視聴率 キャスト 感想

    放送予定●BS松竹東急 全50話(2023/11/7から) 月~金曜…

  4. 2013年

    チャン・オクチョン あらすじ 視聴率 キャスト 感想

    ●Dlife 全35話(2017/5/9から)集中再放送オリジナルは全…

  5. 2013年

    天命 あらすじ 視聴率 キャスト 感想

    BS朝日 天命 全20話 2016年1月18日(月)~ 毎週月~金 1…

  6. 2013年

    奇皇后 あらすじ 視聴率 キャスト 感想

    放送予定【日本放送】●BS松竹東急 全51話(2024/5/21…

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • 延原敏和
    • 2022年 9月 12日

    ヤンバンを返せに出てくる島の名前と地図が知りたいので知らせて下さい。
    是非、行って見たい綺麗な場所だと思います。

カテゴリー

PAGE TOP