2019年

ヘチ(カイチ) あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図

【スポンサーリンク】


●韓国放送2019年2月11日~(月・火) 午後10:00~/70分

獬豸(ヘチ)カイチ:해치  全48回(全24話)
2019年放送 朝鮮時代 SBS
平均視聴率 6.98% 最高視聴率8.4% 第1回視聴率6.0%
SBS 獬豸(ヘチ:해치)公式サイト
あらすじ

身分の低い宮中の掃除婦から生まれた王子のイ・グム ( 李昑 )が、 科挙試験を準備中のパク・ムンスと、 司憲府の茶母のタル・ムンと共に王の統治権を手に入れる過程を描いたドラマ

キャスト
チョン・イル 延礽君(ヨニングン)役 王になってはいけない問題児皇太子 若いころの英祖(李氏朝鮮時代の21代国王)
Ara ヨジ役 司憲府の茶母 朝鮮最高のガールクラッシュ(女性も憧れる女性)
クォン・ユル パク・ムンス役 情熱に溢れた科挙の準備生
パク・フン ダルムン役 乱れた髪と鋭い目を光らせる姿で、町のならず者
イ・ギョンヨン ミン・ジンウォン役 老論勢力の実質的なボス
チョン・ムンソン “密豊君・李坦”役 延礽君反対の位置に立つ
 

青線が助力(協力)関係 ピンクが愛情(恋愛)関係 赤が敵対関係 を表す

SBS 獬豸(ヘチ:해치)公式サイト 相関図
スタッフ 脚本:キム・イヨン、演出:イ・ヨンソク
コメントより

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

quetalsurinoさんより

●以下話数ごとのあらすじと感想

ヘチ(カイチ) 1話・2話と3話・4話 あらすじと感想 チョン・イル 延礽君(ヨニングン)役
ヘチ(カイチ) 5話・6話と7話・8話 あらすじと感想 Ara ヨジ役
ヘチ(カイチ) 9話・10話と11話・12話 あらすじと感想 クォン・ユル パク・ムンス役
ヘチ(カイチ) 13話・14話と15話・16話 あらすじと感想
ヘチ(カイチ) 17話・18話と19話・20話 あらすじと感想
ヘチ(カイチ) 21話・22話と23話・24話 あらすじと感想
ヘチ(カイチ) 25話・26話と27話・28話 あらすじと感想
ヘチ(カイチ) 29話・30話と31話・32話 あらすじと感想
ヘチ(カイチ) 33話・34話と35話・36話 あらすじと感想
ヘチ(カイチ) 37話・38話と39話・40話 あらすじと感想
ヘチ(カイチ) 41話・42話と43話・44話 あらすじと感想
ヘチ(カイチ) 45話・46話と47話・48話(最終回) あらすじと感想

●以下作品感想

quetalsurinoさんより

●ヘチのシンボルで知られる司憲府(サホンブ)を中心に描かれる、若き頃の英祖(ヨンジョ)が主人公の正統派時代劇!

期待以上の完成度!

「夜警日誌」や「太陽を抱く月」に出演したチョン・イル主演の最新、時代劇!チョン・イルが演じるのは朝鮮王朝第21代王の英祖(ヨンジョ)は、朝鮮時代のルネサンスを築いた王様。王子だったヨニン君の時代から即位するまで、その後のイ・インジャの乱までを描く作品で、意外と知られていない英祖(ヨンジョ)の若き頃を中心に描き、実史とフィクションが上手にミックスされて構想が面白い作品でした。

「華政」、「イサン」、「ドンイ」や「馬医」を手掛けた脚本家による最新作で、政治色が強い展開が後半は続きますが、ダラダラする展開はなく、エピソードも多様でドラマチックな展開が続くなか、成熟していく王子ヨニン君の姿が、すごくよかったです。チョン・イルの演技は話が進むにつれ、王子から王へと変わっていく演技もよかった。

ヨニン君(チョン・イル)が恋に落ちる茶母(タモ)ヨジをコ・アラ(Ara)が演じていますが、ロマンス時代劇ではないので、正統派時代劇が好きな方でも楽しめる程度の内容になっています。ヨニン君に協力する人物として、朝鮮時代を代表する暗行御史(地方官の不正や汚職などを摘発するため王名で動く秘密観察)として知られるパク・ムンスも登場しています。長く続いた派閥争いに不満を持ったナミン(南人)出身のイ・インジャが起こした反逆事件をきっかけに、藩平制度を実施することで身分や出身などを問うことなく、官僚を公平に起用することになる背景が分かりやすく描かれました。

ドラマのタイトルになっている「ヘチ」は、獅子の形をした善悪を区分する神獣。災いをはらう力もあると言われ、司憲府(サホンブ)を表わすシンボル的な存在で、このドラマでは司憲府(サホンブ)を中心に話しが展開されます。司憲府(サホンブ)は、官吏が不正を行っていないかどうか監察したり、現行の政治について論じたり評価する朝鮮時代の政府機関ですが、王の耳や手足になって捜査する権限もあり、即位後、腐敗した政治を正し、公正さの重要性を大事にした王が真っ先に改革を進めることになる政府機関です。

ヨニン君が即位するまでの様子と共に、起きた連続殺人を捜査することになるので、朝鮮時代を背景にした捜査ドラマ的な要素も加わり、ドラマの前半と後半ではそれぞれ違ったテイストの時代劇となっていて、時代劇としては非常に展開がはやいと感じました。

ドラマ「ドンイ」は、ヨニン君の母を主人公にしたドラマですが、卑しいムスリを母として持つことから苦悩する若き王子時代から、即位後は、王として自分が信じる道を進み、最終話のエンディングは、明るい世界をつくろうとするポジティブな王の姿が描かれ、感動的な最後でした!

短いけど強烈的な印象を残したイ・インジャが初めて登場した時は、王を演じるのがチョン・イルではなくコ・ジュウォンだったら・・・と想像しましたが、最終話まで観終わった結果は、このドラマで描こうとしたヨニン君の姿は、チョン・イル以外は考えられないものでした。明るく前向きな微笑のチョン・イルが演じる王の姿が、予想していた以上によかったです。

典型的な時代劇のようで、ドキドキする新鮮なドラマでした。最近のトレンドとしては時代劇よりも現代劇が多い韓国ドラマですが、時代劇の放送が増えるといいですね。同じ脚本家の作品では「華政」や「馬医」も好きだったので、チャンスがあればもう一度みなおしするのもよさそうです。

同じ時代を背景にしたフィクション時代劇「テバク」は、イ・インジャを中心に描かれ、ヨ・ジングがヨニン君を演じている作品です。個人的な感想としては「テバク」をみた後に、このドラマを観ることをお薦めしたいです。

【スポンサーリンク】


【スポンサーリンク】

ピックアップ記事

  1. 韓国ドラマ時代劇 素敵なオジサマ俳優 ランキング
  2. 韓国ドラマ時代劇 美人女優 ランキング 2019
  3. 韓国ドラマ時代劇ランキング 2019
  4. 韓国ドラマ時代劇 放送年順 一覧
  5. 韓国ドラマ時代劇 イケメン俳優 ランキング 2019

関連記事

  1. 2017年

    逆賊-民の英雄 ホン・ギルドン- あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図

    ●テレビ東京(2018/12/10から)月~金曜日8:15から 吹替 …

  2. 2013年

    九家の書~千年に一度の恋~ あらすじ 視聴率 キャスト 感想

    ●BSフジ(2018/4/2から)全21話(オリジナルは全24話)月~…

  3. 2017年

    猟奇的な彼女 (韓国ドラマ) あらすじ 視聴率 キャスト 感想

    ●BS-TBS(2018/8/16から)月~金曜日7時から 字幕h…

  4. 2008年

    大王世宗 あらすじ キャスト 視聴率 感想

    2016.3.8感想追加BS-TBS 大王世宗 2016年1月…

  5. 2015年

    オレンジ・マーマレード あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図

    ●BS-TBS(2017/10/9-)集中再放送 月~金曜日7時から …

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ

  1. ランキング(投票)

    韓国ドラマ時代劇 素敵なオジサマ俳優 ランキング
  2. ランキング(投票)

    韓国ドラマ時代劇 イケメン俳優 ランキング 2019
  3. ランキング(投票)

    韓国ドラマ時代劇 名子役 ランキング 2018
  4. ランキング(投票)

    韓国ドラマ時代劇ランキング 2019
  5. ランキング(投票)

    韓国ドラマ時代劇 美人女優 ランキング 2019
PAGE TOP