2010年

チュノ~推奴~ あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図






放送予定

日本放送

●BS-TBS 全24話(2021/5/10から)月~金曜日7時から 字幕

●BS-TBS(2020/10/8から) 月~金曜日13時から 字幕

●BS日テレ(2019/1/18から)月~金曜日13時から 字幕

http://www.bs4.jp/drama/chuno/

チュノ~推奴~ 추노 全24話
2010年放送 朝鮮時代
平均視聴率 31.7% 最高視聴率35.9%
チュノ~推奴~ 期間限定スペシャルプライスDVD-BOX

あらすじ

このドラマの題材になっている「推奴」(すいど/チュノ)は李氏朝鮮時代に実在した職業で、逃亡した奴婢(ぬひ/ノビ)を捕らえ連れ戻す役目を果たしていた。
奴婢を捕えて懸賞金を稼ぐ推奴師 イ・デギル。奴婢のオンニョンと恋に落ちるが彼女の兄が連れて逃亡。10年もの間オンニョンを探し続ける。一方かつては朝鮮最強の武将とばれたテハは濡れ衣を着せられ奴婢に。
そしてある日、テハの元に昭顕世子より手紙が届く。それを見たテハは昭顕世子の子石堅を朝廷の陰謀から守るためにすることになる。
逃げるテハは推奴師 イ・デギルに追われることに。そしてテハは同じく逃亡中のデキルの初恋の人オンニョンと出会い一緒に逃げることになる。

話数ごとのあらすじ

BS日テレ チュノ あらすじ

相関図

BS日テレ チュノ 人物相関図 

BSテレ東 チュノ 人物相関図

キャスト

イ・テギル 役 チャン・ヒョク 腕の立つ推奴  

ソン・テハ 役 オ・ジホ 朝鮮最強の武将のちに奴婢キム・ヘウォン(オンニョン)役 

イ・ダヘ  テギルの初恋の相手のちに奴婢

チェ将軍 役 ハン・ジョンス  テギル一味の頭脳派かつ武闘派 推奴 

ワンソン役  キム・ジソク テギル一味の一番下の弟分、推奴

ソルファ 役 キム・ハウン テギル一味、テギルに好意。元芸人 

オッポク役 コン・ヒョンジン 奴婢団の凄腕、江原道の猟師

ファン・チョルン役 イ・ジョンヒョク 訓練院判官

スタッフ:[監督・演出]クァク・ジョンファン[脚本]チョン・ソンイル
VSイケメン チャン・ヒョクVSオ・ジホ チュノ~推奴~
 
チャン・ヒョク ドラマ ランキング (外部リンク・韓ドラの鬼)
感想 ネタバレ含む

感想

時代は朝鮮時代1600年代だが、ドラマを見る分には時代背景など知らなくてもほとんど影響しない。ドラマ自体が面白いし、実在する人物は仁祖や昭顕世子くらいでほとんど架空人物なので時代劇ものとかジャンル関係なく見れるドラマだと思います。

デキルVSテハ ⇔ オンニョン の三角関係、デキル-チェ将軍-ワンソンの三人一味の関係+ソルファ(デキルに恋) と人物関係図も分かりやすくストーリーも明快。この三人一味ってのは三国志でいう、劉備、関羽、張飛パターンという鉄板キャラなんですが、ちゃんと三人目でおっちょこちょいな人物がオチを付けるところも物語の幅を利かせている。

この作品は戦う場面は多いが、俳優たちの肉体美が数多くみれるので、男性より女性の視聴者が多かったのではないかと思う。とは言ってもイ・ダヘ、キム・ハウン、ユン・ジミン と女優陣も美女ぞろいで男性も楽しめます。(笑。

韓国時代劇ドラマにしてはかなり短く24話となっていますので、よりスピーディーな展開で進んでいくので韓国ドラマにありがちな「ダレ」がありません。正直見終わった後、「コレ、続編あるのかな?」と思ったくらいです。というか見たいです。(しかし、韓国ドラマで2とか3とかないですよね?なぜだろう?)このドラマだと史実あまり関係ないんでどうにでも作れそうですけど。

みんみんさん

年末恒例の「KBS演技大賞」を受賞した時に、ドラマのシーンの一部が紹介されたのを見たのが初めて見た「チュノ」でしたが、短いシーンの中でもチャン・ヒョクがムキムキマッチョでのアクションシーンがカッコよくて、日本で放送された時は「絶対に見る!!」と決めていましたが、ストーリー自体もとても面白くて、純愛を貫き続けたテギルの一生に涙、涙。最終回のイ・ダヘ演じるオクニョンの「テギル様、私のことを決して許さないで下さい。」のセリフも本当に良かったです。

チャンヒョクの魅力

ma20020607さん

最高視聴率を35.9%を出した人気韓国ドラマで本当にチャン・ヒョクさんはかっこよく素敵でした。両班出身で朝鮮最高の推奴師イ・テギルを演じ、剣さばきも上手く、そしてチャーミングな笑顔が最高でした。特に泣きの演技が特にそそられました。

purunさん

細マッチョで運動神経抜群です。韓国人の顔立ちとはちょっと違っていて格好いいです。睨むと怖い感じもしますが、笑うと可愛らしく色気もあり守ってあげたいような気持ちになります。結果はどうであれ愛する人の為に最後まで戦う姿はとても素敵で格好いいです。


関連記事

  1. 2010年

    名家 感想とあらすじ キャスト・視聴率

    放送予定●【日本放送】【韓国放送期間】2010年1月2日か…

  2. 2019年

    ヘチ 王座への道 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率

    放送予定【日本放送】●サンテレビ 全24話(2023/8/25から…

  3. 2001年

    商道(サンド) あらすじ 視聴率 キャスト 感想

    放送予定●BS日テレ 全66話(2024/7/18から)月~金曜日1…

  4. 2009年

    幻の王女 チャミョンゴ あらすじ 視聴率 キャスト 感想

    幻の王女 チャミョンゴ  全39話2009年放…

  5. 2013年

    帝王の娘スベクヒャン あらすじ 視聴率 キャスト 感想

    放送予定【日本放送】●BSテレ東 全72話(2023/9/4から)…

  6. 2016年

    魔女宝鑑 あらすじ 視聴率 キャスト 感想

    ●BS11(2017/10/29から)土・日曜日10時から 字幕●…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

PAGE TOP