2013年

天命 あらすじ 視聴率 キャスト 感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

BS朝日 天命 全20話 2016年1月18日(月)~ 毎週月~金 15時~16時25分

ノーカット字幕版で放送

http://navicon.jp/news/34450/

bs朝日 天命 公式サイト

2016.2.19感想追加

天命  全20話
2013年放送 朝鮮時代
平均視聴率 8.9% 最高視聴率10.1%
天命 DVD BOX1(5枚組)
あらすじ役立たずの医官を装っていたチェ・ウォンは宮中で起こった殺人事件の犯人に仕立て上げられる。病弱な娘ランを救うため脱獄を敢行し、逃亡生活を始める。時代背景はチャングムが仕えた王・中宗の時代を舞台に、欲望渦巻く宮廷の陰謀劇と、これに巻き込まれた1人の医官の物語をスリリングに描いたドラマ。物語のキーパーソンは、中宗の3番目の后、文定王后をは“実は権力欲が深い悪女だった”という史実に基づき、ストーリーを展開。歴史書にもある文定王后の“皇太子暗殺説”にスポットを当て、彼女が2番目の后の子である皇太子イ・ホの命をあの手この手で狙う。王位をめぐる派閥闘争に加え、主人公を“一介の”医官ウォンの目線から、陰謀の濡れ衣を着せられた彼がイ・ホとともに陰謀を暴いていく展開。王后VS皇太子の頭脳戦、医学の知識をもとにした推理劇など、緻密で痛快な陰謀劇に仕上げられている。
キャストチェ・ウォン役 イ・ドンウク 内医院の医官ホン・ダイン役  ソン・ジヒョ 内医院の医女
イ・ホ 世子役 イム・スロン 後の仁宗文定(ムンジョン)王后役  パク・ジヨン 中宗の継妃
イ都事(イ・ジョンファン) 役 ソン・ジョンホ 義禁府都事、逮捕王チェ・ラン役  キム・ユビン チェ・ウォンの娘

ソベク 盗賊の娘役 ユン・ジニ  チェ・ウォンの協力者
チェ・ウヨン役  カン・ビョル チェ・ウォンの妹

ミン・ドセン役  チェ・フィリップ チェ・ウォンの幼なじみ、イ・ホの主治医
チャングム役 キム・ミギョン 中宗の主治医、朝鮮最高の医女

チョンボン役 イ・ジェヨン 秘密結社の首長
キム・チヨン役 チョン・グクファン 右議政
チャン・ホンダル役  イ・ヒド ダインの養父、大商人

スタッフ[監督・演出]ユ・ジョンソン チェ・ミンギ [脚本]イ・ジンソ  チョン・ウソン
感想とネタバレ
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

aflさんの感想より

「天命」は子供のいる方なら涙無しでは見られない?!

「天命」は子供を持つ親なら、主人公ウォン(父)のラン(娘)を思う気持ちに共感できるのでは?!こちらの天命はややサスペンス風なストーリーも入っています。

主人公は隠れた天才医官ですが、医官のお話が大筋ではなく、周りの宮廷の争いに巻き込まれた医官の話という感じです。

世子のスロン(ウォンの幼なじみ)が陰謀により、ある人物に常に命を狙われているのですが、ウォンはひょんな事から殺人の濡れ衣を着せられてしまうのです。

そこからウォンの逃亡劇が始まるのですが、ウォンには病気の子供ランがいて、

自分が施術しないとランの命が危なくて…。

(ランの母親は、ランを産むと同時に亡くなっています。)

と、こう書くと暗く悲しいストーリーのような気がしますが、ラン役のユビンちゃんが可愛く、天真爛漫に役を演じているせいか、2人の間に悲壮感などは全くありません。

ウォンは逃走しながらも子供を気づかいます。

こちらのドラマの良い所は、逃亡しながらもウォンの味方が段々増えていったり、医官としての技術が高まったりと、逃げながらもウォンが成長を続け、レベルが上っていく所が良いです。

又事件の合間にちょこちょこウォンのことを好きな人達の、可愛い恋模様も見れます。

「天命」は宮廷物語とはいえ20話なので、疲れることなく比較的楽に見れるドラマです。波乱万丈ではありますが、主人公ウォンとダインの不器用な恋愛物語だったり、ほのぼのとする場面もありますので、気になる方はぜひ見てみて下さい。

管理人

全20話だが、殺人事件の犯人に仕立て上げられ逃亡生活が話が中心にストーリーが動いており描いている背景時代が短い。また王后VS皇太子の頭脳戦、医学の知識をもとにした推理劇なので展開も分かりやすく、登場人物も主要人物が少ないのが特徴的。

父娘愛が多く描かれており、特に娘役を演じた子役のキム・ユビンはこの役でKBS演技大賞の青少年演技賞に輝いている。当時7.8歳。日本の子役でいえば芦田愛菜ちゃんや鈴木梨央ちゃんにあたる感じだろうか。なかなか演技力があった。王女の男の キム・スンギュの娘で出演していたが、この時も6歳ながらも演技力の高さが見られました。

ヒロインはホン・ダインなのだが、個人的にはどちらかと言えばソベクのの方を応援したくなる。よくある恋関係な話なのだが、恋バナはどちらかと言えばサブ的要素に受けられました。

イ都事(イ・ジョンファン) 役 ソン・ジョンホ 逮捕王は 王女の男でも同じような役、同じような衣装なのでかなり被ってるよなぁと思った方も多かったのでは?まあ、最後はこちらの役の方がいい人で終わっていますが。

主役のイ・ドンウクですが、時代劇ではあまり見かけませんね。他には出演してないのでしょうか?演技力も高く、イケメンなのに時代劇はあまり出てきません。どちらかというと現代向き俳優さんなんでしょうかね?他の時代劇に出ていたら誰か教えてください。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

関連記事

  1. 2013年

    奇皇后 あらすじ 視聴率 キャスト 感想

    ●テレビ東京(2017/6/15から)月~金曜日8:15から 吹替 +…

  2. 2013年

    両班(ヤンバン)を返せ! あらすじ キャスト 感想

    ●MBC ドラマフェスティバル2013年10月31日放送 時代劇から現…

  3. 2013年

    ホジュン~伝説の心医~ あらすじ 視聴率 キャスト 感想

    BSジャパン 2016年5月30日(月) 毎(月)~(金)10:57~…

  4. 2013年

    九家の書~千年に一度の恋~ あらすじ 視聴率 キャスト 感想

    2016.2.14 感想追加九家の書~千年に一度の恋~…

  5. 2013年

    剣と花 あらすじ 視聴率 キャスト 感想

    BS-TBS「剣と花」2015年12月10日(木)放送スタート。毎週月…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近のコメント

    アーカイブ

    固定ページ

    1. 2008年

      イルジメ〜一枝梅 あらすじ 視聴率 キャスト 感想
    2. 雲が描いた月明かり

      雲が描いた月明かり 14話・15話・16話 あらすじと感想
    3. VS シリーズ

      VSイケメン チャン・ヒョクVSオ・ジホ チュノ~推奴~
    4. 華政 ファジョン

      華政 ファジョン 33話・34話・35話 あらすじと感想
    5. 華政 ファジョン

      華政 ファジョン 60話・61話・62話 あらすじと感想
    PAGE TOP