七日の王妃

七日の王妃 19話・20話(最終回) あらすじと感想

【スポンサーリンク】


七日の王妃 7일의 왕비 全20話

quetalsurinoさん

七日の王妃 19話 視聴率7.1%

19話のあらすじ

両親の死を確認したチェギョン(パク・ミニョン)は、亡くなったシン・スグンが握っているカタツムリの殻を発見し、ジンソン大君(ヨン・ウジン)の命令で両親が殺害されたと思います。復讐のためジンソン大君のもとに向かったチェギョンは、ジンソン大君の命を奪うことができず絶望します。

チェギョンの両親の死に責任を感じるジンソン大君は、チェギョンの気持ちを安らげるために、王宮に亡くなった両親の仏壇を準備させます。両親を殺害した人物の目的がジンソン大君とチェギョンの仲を裂くことだと気づいたチェギョンは、何があっても即位した中宗(ジンソン大君)の側に残ることを決心します。

シン・スグンの娘であるチェギョンが王妃になることを反対されますが、中宗はジンソン大君の時から夫婦の縁を結んで支えてきた彼女を、王妃として迎え入れます。王宮から出された燕山君が何者かに襲われ、家族やチェギョンが危険だと気づいた燕山君は逃亡し、シン・スグンの屋敷に忍び込みます。

両親の葬儀の後、屋敷を整理するために訪れたチェギョンは、屋敷で傷ついた燕山君と出会います。チェギョンは傷ついた燕山君を治療し、その後燕山君を追って屋敷に現れたパク・ウォンジュンの存在に、二人が罠にはめられたと気づきます。チェギョンは燕山君を逃がしますが、パク・ウォンジュンの計画通り、燕山君を助けた罪に問われることになります。

ジンソン大君はチェギョンをかばい複雑な立場に置かれ、ジンソン大君を心配するチェギョンは、彼のために命を捨てる決心をし、嘘の自白をします。

19話の感想

何度も二人も仲を裂こうとするパク・ウォンジュンの計略で、再び危機を迎えたチェギョンとジンソン大君ですが、チェギョンの両親が亡くなったことへの罪悪感から、これまで通りの関係を保つことが難しくなってきました。両親が殺害されてもジンソン大君を信じで彼の側で、これまで通りに支えになろうと決心するチェギョン。

チェギョンはジンソン大君に復讐をする決心をしますが、結局彼の命を奪うことができませんでした。ジンソン大君がチェギョンの持った剣を胸に向けて刺した時は驚きましたが、傷ついたことを誰にも知られないように配慮するジンソン大君の行動に、チェギョンへの気持ちが伝わってきました。両親の死後、チェギョンをまっすぐ見られなくなったジンソン大君を優しく励ますチェギョンを見て、最終話でのエンディングがどのように描かれるのか、気になります。チェギョンは第1話で登場した通り、処刑されることになるのでしょうか。

パク・ウォンジュンはチェギョンを追い出して、姪のミョンヘを新たな王妃にする計画でしたが、ジンソン大君のチェギョンへの気持ちが強く、計画通りに進まず苦戦します。ミョンヘはソノに特別な感情を持っていたことに気づき、ジンソン大君とチェギョンの仲を裂くことに迷いを見せます。傷ついて逃げている燕山君の前に現れた人物はミョンヘだったのでしょうか。今後の展開にミョンヘが重要な役割を果たすようですが、ミョンヘはどのような選択をするのでしょうか。

久しぶりに時代劇で悲しい展開が続くドラマだったと思います。すべてを終わらせる決心をしたチェギョンは、心の中でジンソン大君への告げる最後の挨拶と、彼女を見つめるジンソン大君の表情が悲しすぎです。最終話で、ジンソン大君はチェギョンを助けることができるのでしょうか。別れが待っているだけに切ない気持ちになります。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

quetalsurinoさん

七日の王妃 20話 視聴率7.6%

20話のあらすじ

廃王になった燕山君の逃亡を助けた罪に問われたチェギョン(パク・ミニョン)は、慈順大妃(チャスンテビ)の命令で処刑が早まります。すべてを覚悟したチェギョンは死を受け入れ処刑が行われようとした時、中宗(ジンソン大君、ヨン・ウジン)が現れます。ジンソン大君が現れたことで処刑は中止になります。ジンソン大君を目にすると緊張のあまりチェギョンは気を失います。

ジンソン大君は気を失ったチェギョンを心配そうに王宮に運びます。ジンソン大君のケアーで元気を取り戻したチェギョンは、彼女とジンソン大君が一緒にいる限り、チェギョンの命は常に狙われ続けることに気づきます。彼女の命が狙われることは、新たな王として即位したジンソン大君にも迷惑をかけることになります。チェギョンはジンソン大君との離婚を決意します。離婚を強く反対するジンソン大君ですが、チェギョンの命の安全のために彼女を自由にすることを決めます。

逃亡中の燕山君は捕まりますが、チェギョンの命を助けるため、彼の逃亡とチェギョンが無関係であることを伝える手紙が送ります。自分の身を危険にしてまで燕山君がチェギョンを助けたがることを知ったジンソン大君。ジンソン大君が燕山君を訪れてみると燕山君は体調を崩しており、ジンソン大君が見守る中、息を引き取ります。

チェギョンが王宮を去ってからも彼女を忘れられない中宗(ジンソン大君)は、ひとめ彼女に会いたいと願いますが、チェギョンは二人のために別れた時の決心を守ります。お互いへの気持ちを大切に守り続け、中宗の即位から38年の時が過ぎ、二人は再会します。

20話の感想

ジンソン大君とチェギョンは別れることになり、予想した通りの悲しい結末でしたが、二人が一緒にいられなくても生き続けることがお互いへの愛を実現させる方法であるとの、チェギョンの言葉にジンソン大君だけでなく、心が動かされました。ただ、何十年も相手を思い続けることができた二人の愛の深さに感動です。

チェギョンと約束はしたものの、彼女が恋しくなったジンソン大君が彼女を訪れた時は、もしかすると二人にハッピーエンドが待っているのでは?と思いましたが、最後まで強い意志を持つチェギョンは強かったです。38年後の二人の再会がとても感動的で、これまで続いた悲しい展開とは違い温かい気持ちになれました。悲しいハッピーエンドって感じです。

個人的には好きなエンディングでした。時間が経ち年老いてもお互いを見る視線は、全く変わらない温かい眼差しを感じられました。悲しすぎると途中、不満を感じていたことを忘れるほどだったので、最後まで観られてよかったと思います。

廃妃となったチェギョンの死後250年も過ぎて、彼女が端敬王后(ダンギョン王妃)として認められることになります。歴史フィクションドラマでしたが、廃妃となってから生涯一度だけ中宗と再会したとの話もあるので、最後の描かれ方は歴史的な事実に基づいて描かれたのではないでしょうか。中宗も一生、廃止されたシン氏(チェギョン)を恋しがっていたとの伝えがあることから、悲しくもロマンチックな話だと感じました。

最後の最後に感動を味わうことができるドラマでした。イ・ドンゴン、ヨン・ウジンとパク・ミニョンの演技も素敵で、素敵なドラマだったと思います。

七日の王妃 あらすじ キャスト 感想  話数一覧

 

【スポンサーリンク】


【スポンサーリンク】

ピックアップ記事

  1. 韓国ドラマ時代劇ランキング 2017
  2. 韓国ドラマ時代劇 美人女優 ランキング 2017
  3. 韓国ドラマ時代劇 イケメン俳優 ランキング 2017
  4. 韓国ドラマ時代劇 名子役 ランキング 2018

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ

固定ページ

  1. ランキング(投票)

    韓国ドラマ時代劇 イケメン俳優 ランキング 2017
  2. ランキング(投票)

    韓国ドラマ時代劇 美人女優 ランキング 2017
  3. ランキング(投票)

    韓国ドラマ時代劇ランキング 2017
  4. ランキング(投票)

    韓国ドラマ時代劇 名子役 ランキング 2018
PAGE TOP