2010年

トンイ あらすじ 視聴率 キャスト 感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●BS日テレ(2017/6/30から) 月~金曜日10時から

●2016.6.7 感想2つ追加 2016.2.11感想追加

トンイ 동이 全60話
2010年放送 朝鮮時代
平均視聴率 23.0% 最高視聴率33.1%
トンイ DVD-BOX I
あらすじ 時代は1680年~1700年前半。賎民だった父、兄が無実のの罪で処刑され、その父たちの無実を晴らすため素性を隠して宮廷に入る。奴婢から女官、承恩尚宮から淑媛、淑嬪崔氏(スクピンチェシ)となり、後に父親・兄の冤罪を晴らした。賎民の出身として貧しい幼少期を送るが、明るく努力家で、正義感が強く、知性と行動力に溢れる姿を描く。この時代の物語は多くはチャン・オクチョンを主人公とした物語が多いが、淑嬪(スクビン)チェ氏を主人公とした作品。
キャスト: ハン・ヒョジュ トンイ(同伊)、淑嬪(スクビン)チェ氏 肅宗の側室、英祖の母チ・ジニ 肅宗(スクチョン) 朝鮮第19代王
イ・ソヨン 禧嬪(ヒビン)チャン氏、オクチョン 肅宗の側室、景宗の母ペ・スビン ペ・スビン チャ・チョンス 剣契(コムゲ)の頭目
チョン・ジニョン ソ・ヨンギ 捕盗庁(ポドチョン)の従事官
パク・ハソン パク・ハソン仁顕(イニョン)王后ミン氏 肅宗の継室
オ・ヨンソ オ・ヨンソ 仁元(インウォン)王后キム氏 肅宗の継室
スタッフ:[演出]イ・ビョンフン、キム・サンヒョプ[脚本]キム・イヨン

●コメントにて感想募集中!

以下感想ネタバレに注意。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

s.yosicさんの感想

卑しい身分から王の母になるまでのサクセスストーリー。無実の罪で罪人の子どもとなってしまったトンイ。身を隠すために、宮中で使用人となって働きます。持ち前の明るさと頭の良さで、絶望的な境遇に負けず前向きな主人公に見てる方は力をもらいます。

宮中の陰謀とかいろんな出来事かあるのだけど、個人的には王様とのラブストーリーが一押し?王様が身分を偽ってトンイと出逢う訳なんですけど、見てる方はハラハラ。身分を隠してるせいで振り回されてる王様もかわいい?王様はチャングムの誓いの相手役の人でトンイは春のワルツの主人公だった人です。

後半は後宮が舞台なので衣装も綺麗だし、映像的にもみていて楽しい。一話一話も密度が濃いので、一時間あっという間。展開も早いので60話近くあるのに飽きさせません。トンイの子どもは、後に優秀な王様になり、イサンの祖父になるというのもファンには嬉しいサイドストーリーです。

afさんの感想より

トンイの見どころ

「トンイ」はお話もとても面白く、王室の華やかな結婚式の衣装や、食事、女人の髪型が見れるのでおすすめの韓国歴史ドラマです。全60話と少し長いので、途中波乱万丈すぎて少々疲れてしまう方もいるかもしれません。しかし、それ以上に面白いので、まだ見ていない方にはぜひおすすめしたい作品の一つです。

なんといっても「トンイ」の見どころは、トンイ役のハン・ヒョジュの可愛さではないでしょうか?透き通るようなお肌に、前向きなセリフの数々、賢いトンイは貧しくても負けません。雑草のような非常にパワーを感じる作品です!

また悪役のチャンヒジェや、その妹オクチョンとの悪巧みっぷりからも目が離せません。60話もあるので、山あり谷ありがジェットコースター並みにやってきます。いったいいつになったら平和が訪れるのか、平和になったと思ったら一転急降下,長いと思いつつも、何度も見てしまう程面白い作品です。

トンイがドラマの中で何度か頭を使って謎を解くのですが、それも見どころです。今と違ってコンピューターの無い時代ですが、様々な方法、頭を使って解決するトンイは頼もしい存在です。会社の先輩にいたら嬉しいですね。

最初はトンイを嫌っていた女官達も、最終的に信頼するようになるなど、次第にみんなと打ち解け、王妃様の応援も受け、王様とも仲良くなってしまう玉の輿?!サクセスストーリーとも言える作品です。

あんなに犬みたいに無邪気に振舞うトンイは、女性から見ても可愛いです。途中何度も死にそうな目に合いながらも生き抜く、トンイの強さをぜひ間近で体感してみて下さい!

 

Sedriさん

賤民の特殊な集団・コムゲの頭の娘として生まれた彼女は、ある日濡れ衣を着せられた父と仲間を殺されてしまいます。犯人を探しに宮廷に入り、そこから成り上がっていくお話です。

実在した王の母をモデルにした話であり、なおかつ女性社会を描くので、陰湿な虐めあり、ドロドロあり、そして衣装がとても華やか。切れ者のトンイの明るく折れない心に惹かれていく沢山の人々。周囲に認められるまでの流れはハラハラしますが見どころです。後半は、トンイを取り立ててくれていた女性の心理描写がお見事。様々な史実、ドラマで悪女として描かれている禧嬪に、思わず泣けてしまうほど感情移入できるかも。お互いが敵になる時の2人の心情。醜くも美しい、女性の願いをリアルに映します。この禧嬪は、嫌いになれません。

終わり方も後を引かずさらり。イ・サンと同系の纏まり方で、かなりの良作です。

yoshimiさん

貧しい身分から多くの苦労を乗り越えて、持ち前の頭の良さや運を味方にして王の側室まで登っていく姿が描かれており、次から次へと進んでいく展開が見逃せません。後半に登場するトンイの子供クムの頭の良さが周囲を驚かせていく場面がとても好きでおすすめです。

chai_chさん

賤民として一番低い身分で生まれながら王の側室となったトンイという女性の一生を描く時代劇です。尊い志を持てば尊い人になれるという父の教えを守り続け、力を持たない人々の為に尽くした彼女の一生は、欲に溺れてしまいがちな私たちに生き方を教えてくれる素晴らしい物語です。

h.nozomuさん

日本ではまだまだ知名度は低いですが、韓国では国民的大スターだそうです。私はその笑顔にやられました。兎に角可愛い過ぎます!ですがただ可愛いだけではありません。やっぱり演技力も相当上手いと思います。これからの活躍にも期待しています。

ルアーズさん

ヨ・ホミンの魅力(オ・ホヤン役オ・テプンの息子)
トンイの中では凄く嫌な人なんですが、綺麗な顔立ちと男性なのに色気があるので思わずじっと見ちゃいます。体が結構ガッチリしていて服の上からでも鍛えてるのが分かります。少しキツい目で横を見た時の表情が1番好きですが、シリアスな役が多いので満面の笑顔も見てみたいと思ってしまいます。

pinoko_7さん

貧しい家柄のトンイが、素直で真っすぐに育った家庭には複雑な家庭環境があります。しかし側室まで上り詰めて、正義感が旺盛な女性が権力争いやドロドロした女たちの戦いに挑んでいく姿にはまりました。見た後、スッキリ感があります。韓国特有のこれでもか。。という位次から次へと陰険な罠など仕掛けられますが、最後はやはり正義は勝つというう所にも物語があり、感動しました。

me.lovemissyou03さん.

普通に育ったトンイと王が少しづつ王とは知らずに近づいて行きだんだん、お互いを意識するようになります。トンイを取り巻く人達、王を取り巻く人達の哀しみも喜びも見所の1つです。トンイの王への愛が確信する様、王がトンイを迎える覚悟等、観ていてあきる事は無いでしょう。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

関連記事

  1. 2015年

    華政 ファジョン 視聴率 あらすじ キャスト 感想

    テレビ東京 全64話(韓流プレミアヴァージョン)(2017/1/4から…

  2. 2014年

    イニョプの道 あらすじ 視聴率 キャスト 感想

    ●BSプレミアム(2017/4/22から)再放送 土曜日8:30から …

  3. 2015年

    雪蓮花 あらすじ 視聴率 キャスト 感想

    ●1000年前の愛に再び出会う。ファンタジー・ラブストーリー!●2…

  4. 2014年

    王の顔  あらすじ 視聴率 キャスト 感想

    ●BS日テレ(2017/9/22から)集中再放送 月~金曜日10時から…

  5. 2017年

    王は愛する あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図

    ●日本初放送・衛星劇場(2017/9/8から)8/25に第1話先行放送…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近のコメント

    アーカイブ

    固定ページ

    1. 2002年

      太陽人イ・ジェマ あらすじ 視聴率 キャスト 感想
    2. 2012年

      Dr.JIN あらすじ 視聴率 キャスト 感想
    3. 華政 ファジョン

      華政 ファジョン 16話・17話・18話 あらすじと感想
    4. 輝くか、狂うか

      輝くか、狂うか 21話・22話・23話・24話(最終話) あらすじと感想
    5. 2015年

      オレンジ・マーマレード あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図
    PAGE TOP