2012年

Dr.JIN あらすじ 視聴率 キャスト 感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●Dlife(2017/3/14から)集中再放送 月~金曜日13:30から

http://www.dlife.jp/lineup/drama/drjin/

Dr.JIN 닥터 진 全22話
2012年放送 朝鮮時代
平均視聴率12.7% 最高視聴率14.5%
Dr.JIN <完全版> DVD-BOX1
あらすじ

日本の漫画が原作で日本でも大沢たかお主演でTVドラマが放送されたが、その韓国版。主人公は天才外科医のジン・ヒョク。交通事故にあったミナを手術するが意識が回復しない。その後ジンは1860年にタイムスリップし、殺人犯として追われることになる。崖から落ちそうになり興宣君が助ける。医師として人命を救いながらも過去にタイムスリップしたことで、過去に実在した人物を助けてしまうことで未来が変わってしまわないかとの苦悩が描かれている。

時代背景は日本版は江戸末期だったが、韓国版は同時期の朝鮮時代末期。日本版と同じく、実在した歴史上の人物が多数出てくる。朝鮮歴史を知っていれば、それはそれで、その後が読めるが、知らなければ知らないで楽しめる。

キャスト

ジン・ヒョク役 ソン・スンホン 天才外科医

ホン・ヨンレ/ジン・ミナ役(1人2役)  パク・ミニョン ジン・ヒョクの助手、没落した両班の娘/ジン・ヒョクの妹、大学病院レジデント   その他の出演作/トキメキ☆成均館スキャンダル(2010年)キム・ユニ/テムル役 幻の王女チャミョンゴ(2009年)ラヒ役

キム・ギョンタク役  キム・ジェジュン ホン・ヨンレの許婚、捕盗庁の従事官、庶子
イ・ハウン役  イ・ボムス 王族(興宣大院君)

チュノン(春紅)役  イ・ソヨン 都一の妓生
ホン・ヨンフィ役  チン・イハン ホン・ヨンレの兄  / その他の出演作 奇皇后(2013年) タルタル役
キム・ピョンヒ役  キム・ウンス  キム・ギョンタクの父、安東金氏の最高実力者
キム・テギュン役  キム・ミョンス キム・ギョンタクの異母兄
キム・ビョンオク役  キム・ビョンチュン キム・ピョンヒの右腕
ユ・ホンピル役 キム・イル 内医院最高医

スタッフ

[監督・演出]ハン・ヒ[脚本]ハン・ジフン

 

 

感想 ネタバレ有

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

これ、はっきり言って韓国では不評だったらしいですね。しかも最終回視聴率は8.8%と一番最後の回が最低とのことでした。
個人的にどうだったと聞かれると個人的にはそこそこ面白かったです。おそらくこの脚本がイマイチだったのではないかと思います。いわゆる色恋がイマイチ。それに代わるものがあればいいがそこまでのインパクトあるものがなかったのが残念。一番の原因はヒロインが妹というところだろ。ここは恋人じゃないと感情移入できない。韓国ドラマって一に恋愛二に恋愛が基本でしょ。

私は漫画の原作も読み、日本版ドラマJIN 仁も2シーズンみたが、実際、漫画とドラマでも少し登場人物や話の内容が変えてある。日本版ドラマの脚本は好きだったです。また、日本の歴史で好まれるのは戦国時代もしくは幕末。とくに幕末は坂本龍馬なくして語れずなので。しかし、韓国の場合どうなんでしょう?同時期とはいえ、歴史的背景を考えると日本と韓国ではとらえ方が違うでしょうし、韓国版 JINを作ること自体ハードルが高かった作品なのかもしれません。むしろ日本版を韓国語吹替えで放送したらどんな反応なんでしょうか?

sayamero48さん.

キム・ジェジュンキム・ジェジュンの魅力

歌手のときはとても綺麗な歌声ですが、俳優になると演技に見えないほど役になりきり時代劇の言葉遣いや声の出し方も安定した演技でかっこよかったです。切ない表情や優しい柔らかい表情など心を奪われるような演技ですごく良かったです。

moonlight7.best0さん

キム・ジェジュンキム・ジェジュンの魅力

馬で走る姿や敵と戦っている姿がとてもかっこいいです。特に許嫁の女の子を守って飛んでくる姿を何度も繰り返し観てキュンキュンしています。彼は自分の居場所を作るために必死で父上の指示に従い、特にはやっては行けないことに手を下したりとします。苦しみながらもがく姿は観ていて悲しくなるくらい彼の演技は素晴らしいです。彼の振り向いてくれない許嫁を敵から守り、最期までボロボロになりながら戦います。感度、ドキドキ、これを観るだけで好きになってしまいますよ!!

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

関連記事

  1. 2011年

    ペク・ドンス あらすじ 視聴率 キャスト 感想

    BS日テレ 2015年12月3日(木)より月~金の13時30分~14時…

  2. 2014年

    夜警日誌 あらすじ 視聴率 キャスト 感想

    BS-TBS 2016年9月28日(水)より放送スタート(月)~(金)…

  3. 2014年

    イニョプの道 あらすじ 視聴率 キャスト 感想

    ●BSプレミアム(2017/4/22から)再放送 土曜日8:30から …

  4. 2017年

    名不虚伝 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

    ●韓国放送 2017年8月12日~(土、日ドラマ 21時~ 70分)…

  5. 2012年

    イニョン王妃の男 あらすじ キャスト 視聴率 感想

    BS朝日にて 2015年8月24日(月)より月~金のあさ8時58分~全…

  6. 2015年

    夜を歩く士(ゾンビ) 視聴率 あらすじ キャスト 感想

    ●BS-TBS(2017/8/4から)集中再放送 月~金曜日7時から …

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近のコメント

    アーカイブ

    固定ページ

    1. 2012年

      大風水 あらすじ 視聴率 キャスト 感想
    2. 王は愛する

      王は愛する 1話・2話 あらすじと感想
    3. 2017年

      王は愛する あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図
    4. 2010年

      九尾狐(クミホ)伝~愛と哀しみの母 あらすじ 視聴率 キャスト 感想
    5. 華政 ファジョン

      華政 ファジョン 9話・10話 あらすじと感想
    PAGE TOP