2012年

馬医 あらすじ 視聴率 キャスト 感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●BS-TBS(2017/10/3から)集中再放送 月~金曜日13時から 字幕
http://www.bs-tbs.co.jp/drama/bai/

BS-TBS 2017.3.15(水)~ 月~金7:00- 全50話
http://www.bs-tbs.co.jp/bai/

2016.6.4 感想追加 2016.2.9 感想追加

馬医  마의 全50話
2012年放送 朝鮮時代
平均視聴率17.3% 最高視聴率23.7%
馬医 DVD-BOX 1
あらすじ 18代王・顕宗 の主治医になったペク・クァンヒョン。17世紀に実在した医師。独学で鍼治療の技術をみにつけて馬の病気を治療。やがて鍼治療で人間のできものを治す外科治療を行い賎民から内医院の医官までになる。多くの史実に基づいて脚本されているが、フィクションの部分もいれてあり、赤ん坊の頃奴婢の娘と入れかわり、クァンヒョンが助かるという部分などはフィクション。
キャスト ペク・クァンヒョン:チョ・スンウ、カン・ジニョン(ヨンダル):イ・ヨウォン、イ・ミョンファン:ソン・チャンミン、 チャン・インジュ:ユソン、イ・ソンハ:イ・サンウ、顕宗(ヒョンジョン):ハン・サンジン、淑徽(スッキ)公主:キム・ソウン
スタッフ [演出]イ・ビョンフン、チェ・ジョンギュ[脚本]キム・イヨン

 

●コメントにて感想を募集中です。ご自由にどうぞ!

以下感想 ネタバレ有

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

P1さんの感想より

差別も乗り越え瀕死の患者の治療をする主人公の姿に感動する馬医

馬医という仕事は、その当時は卑しい職業として世間から差別を受けており、その職業に就く人もどことなくやる気がありません。でも、そんな中、主人公のペク・クァンヒョンは違います。目を輝かせながら、その馬医という仕事を進んでこなすわけです。

馬のお尻の穴に手を突っ込んではその病名を言い当てる姿は、観る人に感動を与えます。次第に職場の人達にも馴染んでいきますが、このペク・クァンヒョンは違います。より人のために役立ちたいと、人を治療する医師を目指すんです。

でも、やっぱり貧しい出ですから、なかなか高貴な方々からの嫌がらせや反感を受けます。普通なら諦めてしまうところですが、クァンヒョンは持ち前の明るさとポジティブ思考で、それらを跳ね除けるんですよ。

とにかくこの主人公、いち早くその病人の悪いところを見抜くのが上手いんです。そして、たとえ死にそうな人でも「助ける」という気持ちを大切にしています。貧しい人でも差別をせず、真剣に治療をする姿にも感激しました。

生まれ持った才能だけではなく、とにかく勉強をし、学びます。寝る暇も惜しんで、針治療について学び、優秀な成績を残すんですね。努力は賜物をこの主人公から学びました。

次から次へと重症な患者が出てきたり、嫉妬からの嫌がらせなども続く中、唯一ホットできるのがカン・ジニョンとの楽しいやり取りです。このジニョンが何かとクァンヒョンの力となり、アドバイスをしてくれる美人の医女なのですが、まるで高校生のカップルのような純な恋愛模様が見れるのが素敵なのです。

もう1人、想いを寄せてははしゃぐ、可愛いスッキ王女の姿も癒されるところです。コ・ジュマンの我が弟子を信じる気持ちには泣かされました。

真の医師は何を目指すべきか?を学べるドラマです。

 

ぼんほんさんより

チャングムはたった数行から話を膨らませ、逆に凄いなと感心したものですが、ここ新しい物に関しては観ていて実在の人物!という触れ込みに辟易している。特にこの馬医の人間的な部分は面白いし猿を使った演出も面白いだけに残念な気持でした。

歴史的に存在しない1600年代の時代のソメイヨシノ(本当は江戸後期)、在り方が全く違う倭人地区(日本人地区、売春地区として描かれている)、犬を可 愛がりペットとしている(ポシンタンの存在無視)。また、記録として約1800年頃に華岡青洲が世界初の全身麻酔による外科手術、その後40年経ってアメ リカ人の記録があるのにそれさえも無視した韓国は世界でサイコーというフィクションを綴っているだけになり勿体無い仕上がりになっている。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

関連記事

  1. 2009年

    千秋(チョンチュ)太后 あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図

    ●BS-TBS(2017/2/7から)全80話。オリジナルは全78話。…

  2. 2010年

    トンイ あらすじ 視聴率 キャスト 感想

    ●BS日テレ(2017/6/30から) 月~金曜日10時から●…

  3. 2012年

    イニョン王妃の男 あらすじ キャスト 視聴率 感想

    BS朝日にて 2015年8月24日(月)より月~金のあさ8時58分~全…

  4. 2013年

    剣と花 あらすじ 視聴率 キャスト 感想

    BS-TBS「剣と花」2015年12月10日(木)放送スタート。毎週月…

  5. 2017年

    王は愛する あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図

    ●日本初放送・衛星劇場(2017/9/8から)8/25に第1話先行放送…

  6. 2006年

    ファン・ジニ あらすじ 視聴率 キャスト 感想

    NHKBSプレミアムで2016年12月1日(木)より 再放送 木曜日1…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近のコメント

    アーカイブ

    固定ページ

    1. オレンジ・マーマレード

      オレンジ・マーマレード 3話・4話 あらすじと感想 ソリョン ペク・マリ役
    2. 2013年

      九家の書~千年に一度の恋~ あらすじ 視聴率 キャスト 感想
    3. 2001年

      ホン・グギョン(洪国栄) あらすじ キャスト 感想
    4. 2010年

      九尾狐(クミホ)伝~愛と哀しみの母 あらすじ 視聴率 キャスト 感想
    5. 名不虚伝

      名不虚伝  7話・8話 あらすじと感想
    PAGE TOP