2006年

朱蒙 あらすじ 視聴率 キャスト 感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●BS12 トゥエルビ(2017/4/3から)集中再放送 月~金曜日朝4時から字幕
http://www.twellv.co.jp/event/chumon/

2016.2.9 感想追加

朱蒙 주몽 全81話
2006年放送 高句麗時代
平均視聴率 40.98% 最高視聴率51.9%
朱蒙 コンプリート・スリムBOX【期間限定生産商品】 [DVD]
あらすじ:高句麗を建立した朱蒙の物語。紀元前80年頃、朝鮮半島北部は漢の支配下にあった。
隆盛を誇った古代国家古朝鮮は滅ぼされ、民は漢の圧制に苦しむ日々を送る。漢の圧力に屈したクムワの父、扶余国王の計略によりタムル軍は壊滅してしまう。
重傷を負ったヘモスを(ハベク)族長の王女ユファは献身的に看病し、いつしか二人は愛し合うようになる。やがてヘモスは漢に捕らえられて磔にされるが、ユ ファの腹には新しい命が宿っていた。それが後の東明聖王(チュモン)である。クムワはチュモンを扶余の王子として育てることを決意し、ユファを側室に迎え る。それから20年後。クムワとユファの想いも虚しく、チュモンは臆病で無能な情けない若者に育った。しかし、試練を乗り越えて新しい国造りへ乗り出す。 高句麗(コグリョ)の偉大な初代大王として歴史に名を残すまでの軌跡が描かれる。
平均視聴率40.98%は、韓国テレビドラマ史上4位の記録。(1.MBC:『ホジュン 宮廷医官への道』(2000年)47.1%、2.MBC:『宮廷女官チャングムの誓い』(2004年)41.6%、3.SBS:『パリの恋人』(2004年)41.5%) 放送直後よりトップの座を独走し続け35週連続視聴率NO1をとったメガヒットドラマ。一度見たら、次を見たくなる予測不能の展開とストーリーと複雑の絡み合った登場人物の人間模様が見どころ。
キャスト:ソン・イルグク  朱蒙(チュモン) 高句麗を建国した英雄、クムワの養子
チョン・グァンリョル 金蛙(クムワ) 扶余の王
オ・ヨンス  柳花(ユファ) チュモンの母、クムワの側室
ハン・ヘジン  召西奴(ソソノ) 商団の娘、行首
キム・スンス  帯素(テソ) クムワの息子、チュモンの義兄、長男
ホ・ジュノ  解慕漱(ヘモス) チュモンの父、タムル軍の将軍
スタッフ:[演出]キム・クンホン、イ・ジュファン[脚本]チョン・ヒョンス、チェ・ワンギュ

コメントにて感想募集中

以下 感想ネタバレ有

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

P1さんの感想より

人の助けと兄とのハラハラする確執が見もののチュモン

「チュモン」というドラマは、複雑な人間模様を垣間見ることができるドラマです。当時はいつ国が敵国の侵略に合い、滅びるかが分からない時代でした。このチュモンの親もまた、国を失い、逃れ、強さを得るために武芸を学んでは生き延びるわけです。

兄弟でもこいつはそのうち力をつけては地位を奪うのでは?と考えれば、容赦なく追放するんですね。宮中から出されてしまったチュモンは、強く、逞しく武芸を学んでは大人に成長するんです。その見事な腕っ節は観ていてドキドキしちゃいます。

このドラマでは、権力のある商団が国をも揺り動かす存在となっているのがよく分かります。商団が稼げば国も潤い、強い兵も養えるわけです。そんな商団の娘ソソノとチュモンは、とにかく気が合います。

男女ですが、それを越えた強い絆を見ることができるんです。女性ながらも知識が豊富で、交渉力が高いソソノは、美しく、曲がったことが嫌いなんです。そんなところにチュモンは惹かれんでしょうね。この2人はとってもお似合いだから、結ばれて欲しいなって観ている人は応援したくなっちゃうんです。

そんな恋愛模様も見せつつ、とにかくこのチュモンが勢力をつけないかとヤキモキしている兄のキム・スンスの存在に、ハラハラさせられるところなのです。少し卑怯な手を使うこのキムは、何かとチュモンを陥れる策略を考えては悩ますんですよ。ほんとムカッとするほどに睨みをきかせた顔が憎々しいんです。でも、その兄と弟の対立を見るのも、またスリルがあり、面白いんです。

チュモンに従える3人の男達の彼を信頼する気持ちが素敵で、個々に個性を光らせては笑いを誘う演出もいいですね。

人は人の助けがないと生きてはいけないんだなというところが学べるドラマです。それにしても、馬を巧みに操っては戦闘するチュモンの姿がとっても格好いいんですよ。とにかくバッサバッサと敵をなぎ倒すんですが、ドキドキさせられます。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

関連記事

  1. 2017年

    王は愛する あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図

    ●日本初放送・衛星劇場(2017/9/8から)8/25に第1話先行放送…

  2. 2016年

    魔女宝鑑 あらすじ 視聴率 キャスト 感想

    ●BS11(2017/10/29から)土・日曜日10時から 字幕●…

  3. 1998年

    大王の道 11話12話13話14話15話 あらすじと感想

    『大王の道』(だいおうのみち、原題:大王의 길(テワンエギル))、韓国…

  4. 2012年

    Dr.JIN あらすじ 視聴率 キャスト 感想

    ●Dlife(2017/3/14から)集中再放送 月~金曜日13:30…

  5. 2004年

    海神 ヘシン あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図

    ●BS12 トゥエルビ(2017/7/26から)集中再放送 月~金曜日…

  6. 2013年

    剣と花 あらすじ 視聴率 キャスト 感想

    BS-TBS「剣と花」2015年12月10日(木)放送スタート。毎週月…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近のコメント

    アーカイブ

    固定ページ

    1. 2010年

      トンイ あらすじ 視聴率 キャスト 感想
    2. 王は愛する

      王は愛する 5話・6話 あらすじと感想
    3. 王は愛する

      王は愛する 11話・12話 あらすじと感想
    4. 2012年

      太陽を抱く月 あらすじ 視聴率 キャスト 感想
    5. 華政 ファジョン

      華政 ファジョン 9話・10話 あらすじと感想
    PAGE TOP