2011年

ペク・ドンス あらすじ 視聴率 キャスト 感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

BS日テレ 2015年12月3日(木)より月~金の13時30分~14時25分まで
日本語字幕版、全29話で放送

http://navicon.jp/news/33277/

BS日テレ ペクドンス 公式サイト

ペク・ドンス  全29話
2011年放送 朝鮮時代
平均視聴率 16.7% 最高視聴率19.6%
ペク・ドンス (ノーカット完全版) DVD-BOX 第一章
あらすじ

人気コミックが原作で18世紀、21代王英祖の時代。反逆罪で世子の代わりに処刑された親友のペク・サグェンの息子ドンスを朝鮮一の剣士キム・サグェンに片腕をなくすことを条件に助けられる。その後弟分のフクサモの下で成長していく。刺客集団の長、天の差し金でウンはペク・ドンスと共に剣の修行に励み、ドンスは正体を知らぬまま友情を結んでいく。

韓国ドラマ時代劇でも多く描かれる 英祖1724-1776 / 正祖1776-1800の時代背景で大まかなところは史実通りに描かれているがところどころにフィクションをいれてあり、ストーリーに幅を持たせてある。武芸家ペク・ドンスが主人公だけあって、アクションが豊富に組み込まれており、見どころ満載である。

話数が29話と変則なのは人気が高く、思いのほか視聴率が伸びたので24話から5話延長された。

キャスト

ペク・ドンス役 チ・チャンウク 壮勇衛(チャンヨンウィ)の最高剣士  / その他の出演作 奇皇后(2013年)タファン役

ヨ・ウン役 ユ・スンホ  黒紗燭籠の刺客、後に天 / その他の出演作 不滅の李舜臣(2004年)スンシンの少年時代役 王と私(2007年)成宗の少年時代役 太王四神記(2007年) タムドクの少年時代 善徳女王(2009年)太宗武烈王役 アラン使道伝(2012年)玉皇上帝役
ファン・ジンジュ役 ユン・ソイ ペク・ドンスの女友達

ユ・ジソン 役  シン・ヒョンビン「北伐之計」を守る家系。お嬢様

キム・グァンテク役 チョン・グァンリョル ペク・ドンスの師、剣仙 / その他の出演作 ホジュン~宮廷医官への道~(2000年) ホ・ジュン役 張禧嬪(チャン・ヒビン)(2002年)粛宗役 朱蒙(チュモン)(2006年)金蛙役 王と私(2007年)チョ・チギョム役 火の女神ジョンイ(2013年) イ・ガンチョン役

天(チョン)、ワン・ヨン役  チェ・ミンス 黒紗燭籠の頭目、ヨ・ウンの師
地(チ)、カオク役  ユン・ジミン 黒紗燭籠の先代頭目の娘
人(イン)、テウン役  パク・チョルミン 黒紗燭籠の隊長

ヤン・チョリプ(ホン・グギョン)役  チェ・ジェファン ペク・ドンスの幼なじみ
フクサモ 役 パク・チュンギュ  キム・グァンテクの弟分、ペク・ドンスの養父
ファン・ジンギ役 ソン・ジル  ファン・ジンジュの養父、義賊
チャン・テポ役  パク・ウォンサン キム・グァンテクの弟分
チャンミ役  イ・ジナ  チャン・テポの従妹、フクサモに好意
チャン・ミソ 役  チユ チャン・テポの娘

思悼世子役 オ・マンソク 正祖の父
イ・サン、正祖 世孫役 ホン・ジョンヒョン  朝鮮第22代王
英祖役  チョン・グクファン 朝鮮第21代王、思悼世子の父

ホン・デジュ役 イ・ウォンジョン 捕盗大将→兵曹判書、老論派

スタッフ

[監督・演出]イ・ミョンウ[脚本]クォン・スンギュ

感想 ネタバレ有

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

時代背景がイ・サン時代なのですんなりとストーリーは頭に入る。ただ、それらの人物はあくまで脇役なので、なんとなくわかっていれば問題ない。ペク・ドンスとの題名だか、序盤はキム・グァンテク 剣仙 vs 天 の出番のウエイトも多く、役者が役者だけにここのところも見どころである。ペク・ドンス vs ヨ・ウン は序盤から最後まであり、アクションシーンはかなり多く、この手のドラマが好きな人は大満足でしょう。

恋愛もはじめは ユ・ジソン お嬢さま と恋敵 ペク・ドンス vs ヨ・ウン + ファン・ジンジュ なのだが、後半はそれぞれ ペク・ドンス ユ・ジソン ファン・ジンジュ キム・ホンド ヤン・チョリプ チャン・ミソ と落ち着くところに落ち着いたカップルになって逆につまんないというか、このドラマにそのシーンは必要ないかも。むしろ女性人キャストはファン・ジンジュ役 ユン・ソイ 、地(チ)、カオク役  ユン・ジミン の2人がアクションで活躍してる方が目立っている。

アクションと言えば、イ・ヨンウが演じる 倭人のケンゾウ。韓国の人が描く日本人ってこんなん?日本人から見るとめちゃ違和感あるんだけど、中国映画とかでも日本人ってこんなイメージなんかなと思うところがある。ここは「日本人使ってくれよ」と思うのは私だけでしょうか?

名脇役 イ・ウォンジョン 韓国時代劇には欠かせない俳優だが、完全に最初から悪役を演じるところも見ごたえあります。

ペク・ドンス役 チ・チャンウク ですが、奇皇后の皇帝タファン役の方がはるかに演技力が上という感じがしましたが、皆さんはどう感じられましたか?2年でかなり演技力upした感が、、

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

関連記事

  1. 2012年

    チョンウチ(田禹治)あらすじ 視聴率 キャスト 感想

    BS朝日 チョンウチ(田禹治)2015.9.15(火)放送スタート…

  2. 2014年

    王の顔  あらすじ 視聴率 キャスト 感想

    ●BS日テレ(2017/9/22から)集中再放送 月~金曜日10時から…

  3. 2007年

    太王四神紀 あらすじ キャスト 視聴率 感想

    2016.3.8 感想追加太王四神紀 태왕사신기 全8…

  4. 2013年

    九家の書~千年に一度の恋~ あらすじ 視聴率 キャスト 感想

    2016.2.14 感想追加九家の書~千年に一度の恋~…

  5. 1998年

    大王の道 6話7話8話9話10話 あらすじと感想

    大王の道 6話7話8話9話10話 あらすじと感想『大王の道』(…

  6. 2015年

    オレンジ・マーマレード あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図

    ●BS-TBS(2017/10/6-23)集中再放送 月~金曜日7時か…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近のコメント

    アーカイブ

    固定ページ

    1. イニョプの道

      イニョプの道 12話・13話・14話 あらすじと感想
    2. 華政 ファジョン

      華政 ファジョン 60話・61話・62話 あらすじと感想
    3. オレンジ・マーマレード

      オレンジ・マーマレード 3話・4話 あらすじと感想 ソリョン ペク・マリ役
    4. 2010年

      キム・マンドク 美しき伝説の商人 あらすじ 視聴率 キャスト 感想
    5. 2014年

      鄭道伝 (チョン・ドジョン) あらすじ 視聴率 キャスト 感想
    PAGE TOP