2011年

トキメキ☆成均館スキャンダル あらすじ 視聴率 キャスト 感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

2016.6.7 / 2016.3.31 / 2016.2.14 感想追加

トキメキ☆成均館スキャンダル 성균관 스캔들 全20話
2011年放送 朝鮮時代
平均視聴率 10.1% 最高視聴率14.3%
トキメキ☆成均館スキャンダル<ディレクターズカット版>スペシャルプライスDVD-BOX1
あらすじ父 を亡くしたキム・ユニは、母と病気の弟の面倒をみるため、男装して科挙試験の代筆でお金を稼ごうとする。試験当日、ユニは代筆の依頼人と間違え、イ・ソン ジュンに声をかけてしまう。ユニは、ソンジュンに摘まみ出されそうになるが、母と弟のためにも見逃して欲しいと懇願し、なんとか大事を逃れる。試験会場で ソンジュンに出会い、ユニの聡明さに気付いたイ・ソンジュンは、無理矢理科挙試験を受けさせる。そして自分がユニに代理受験を依頼したと正祖に明かした。 激怒する正祖によって、ユニとソンジュンは罰として成均館(ソンギュンガン)に入学し寄宿舎で暮らす事になる。ユニは、女であることがバレたら厳罰されて しまうが、家族の為にも、ユニは男としての生活を始める事を決心する。
キャスト:パク・ミニョン キム・ユニ(ユンシク)テムル(大物) 成均館の儒学生、南人派、男装 21歳パク・ユチョン イ・ソンジュン カラン(佳郎) 成均館の儒学生、老論派、美少年 23歳
ソン・ジュンギ ク・ヨンハ ヨリム(女林) 成均館の儒学生、無党派、プレイボーイ 24歳
ユ・アイン ムン・ジェシン コロ(桀鰲) 成均館の儒学生、少論派、暴れ馬の異名 24歳
ソ・ヒョリム ハ・ヒョウン イ・ソンジュンの婚約者、老論派名門家の娘
スタッフ:[演出]キム・ウォンソク[脚本]キム・テヒ

コメントにて随時感想募集中!

以下ネタバレ感想。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

tomoさんの感想より

小説が原作の胸キュン時代劇

JYJパクユチョン主演の時代劇です。ユチョンファンの方も、そうでない方も必見の作品です。
女性禁制の成均館に男装して通う事になった、パクミニョン演じるキムユニとそんなユニを取り巻く3人の男性、ユチョン演じるイソンジュンとユアイン、ソンジュンギの友情とラブロマンスです。

ラブストーリーだけではなく、時代劇らしい奥深いストーリーに引き込まれ最後まで目が離せません。時代劇なんですが、全20話で長くなく入りこみやすいストーリーです。

ユニが女性だとわかったときのソンジュンの表情や、影でユニを支えるコロなど、、、キュンキュンさせられるシーンがたくさんあります。

小説ならでわのストーリー展開が、時代劇独特の重い雰囲気を軽くしています。パクミニョンの可愛らしい男装にも注目です。もはや、可愛らし過ぎて男の子には見えません。なんと言っても俳優陣ですが、日本でも大人気のパクユチョンはもちろん、映画ドラマに大活躍、存在感大のユアイン。コロの役がはまってました。甘いルックスに可愛らしい笑顔のソンジュンギ。クヨンハ役はオシャレでかっこよかったです。

その他にも成均館の先生や世租も1度は見たことのある俳優ばかりです。
この作品は2010年のKBS大賞で最多受賞もしています。小説原作ということもあり小説ファンが多く、視聴率はあまり上がりませんでしたが、受賞数などからも考えて韓国でも大ヒットでした。さらに、忘れてはいけないドラマのOSTですが、JYJの「見つけた」。KBS大賞ではユチョン以外の2人も登場して歌声ん披露し大盛り上がりでした。

 

parさんの感想より

もうタイトルからして面白そうと感じました。時代劇でありますが、青春学園もの的な現代劇っぽくドラマを楽しむことができました。パク・ミニョンがとても可愛くて、男装してるあのお召し物もとても似合っていて、ラブコメ度をより一層面白くしてくれていました。

青春学園もの的で現代劇っぽいと言ってもちゃんと歴史的な背景も描かれているので、ドラマの内容は深くしっかりしていて見ごたえがありました。イケメンですねの時代劇バージョンとも言われていますが、まず、イケメンですねのあの男女間は間違いなく面白いのですよ!ユチョンもとても魅力的に好演していました。

恋と友情に悩み揺れ動く三角関係は第三者的に見る分には実にドキドキして面白いものですよね。このドラマはそのへんもとてもバランスよく描かれていてドロドロしすぎず、とても面白く見れました。

登場人物がみな同じ制服?を着ているので、誰が誰だかわからなくなるようなことも慣れるまではありましたが、韓国の時代劇は衣装がとても素敵で好きです。トキメキ☆成均館スキャンダルのお召し物もとても可愛くて大好きです。

このドラマはラブストーリーに隠れて、男女平等のような問題も問いかけているように感じました。女は学問や就学が許されない時代のジレンマと言うか、女として生まれてきながらも男性として生きなければ夢は叶えられないなんて切なすぎる。

それでもまっすぐに志を持って、男女差別に屈することなく生きる主人公はそこらの男性よりも男らしくとても格好よかったです。

 

happinessさんの感想より

没落した両班の家の娘が、家のために男子に変装して、「成均館」に入学するのですが、3人のタイプの違うイケメンに好かれ、モテモテ状態になる所に、感情 移入して、「自分もそうなりたい」という願いを主人公が代わりに叶えてくれているような気がするので、題名のとおり、見ていて、胸がトキメキました。

テーマ曲も、ワクワクするような楽しい曲です。また、脇を固めるベテラン俳優が適役で、主役級の若い俳優陣をしっかりフォローしている感じがするところも良い です。出世欲が強いのに、ドジな成均館の館長や、主役のソンジュンの妹の天真爛漫な所など、笑える場面もたくさんあるので、見ていて、たのしいです。主役 のイ・ソンジュンを演じた、パク・ユチョンは、元々、歌手で、演技の経験が浅いのに、そのようには思えないほど、自然で味のある演技をする所もみどころだ と思います。

nshccome18さん

ユ・アインの魅力
男の人の長髪が許せる!と思えたただ1人の人です。このドラマの役では前髪も下ろして表情があまり見えないようになってますが前髪から覗く目がとても優しくドキッとします。だんだん仲間にしか見せない顔になっていく感じがたまらなく好きです。

shirakawaktkaさん

パク・ユチョンの魅力
東方神起というアイドルグループ出身のためビジュアルのみならずハスキーな声が彼の武器。「トキメキ☆成均館スキャンダル」でもその声を聞いているだけでトキメキます。

ha.rukaさん

パク・ユチョンの魅力
普段はキリっとした硬派な感じなのですが、たまに見せる笑顔が可愛くて、キュンとしてしまうところが魅力だと思います。ユチョンは他にも色々ドラマに出ていますが、この成均館スキャンダルの時の役柄が1番彼に似合っていて、かっこよさも際立っていたと思います。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

関連記事

  1. 2011年

    広開土太王 あらすじ 視聴率 キャスト 感想

    広開土太王  全92話2011年放送 高句麗時…

  2. 2011年

    ペク・ドンス あらすじ 視聴率 キャスト 感想

    BS日テレ 2015年12月3日(木)より月~金の13時30分~14時…

  3. 2011年

    チャクペ~相棒~ あらすじ 視聴率 キャスト 感想

    BS日テレ9月1日(火)13:30~ 韓国ドラマ「チャクペ 相棒」再放…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近のコメント

    アーカイブ

    固定ページ

    1. 2013年

      ホジュン~伝説の心医~ あらすじ 視聴率 キャスト 感想
    2. 輝くか、狂うか

      輝くか、狂うか 18話・19話・20話 あらすじと感想
    3. 2007年

      太王四神紀 あらすじ キャスト 視聴率 感想
    4. 1998年

      大王の道 1話2話3話4話5話 あらすじと感想
    5. 2016年

      雲が描いた月明かり あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図
    PAGE TOP