オクニョ 運命の人

オクニョ 運命の女(ひと) 第17話・18話 あらすじと感想 チュ・ジンモ イ・ジハム役

【スポンサーリンク】


オクニョ 運命の女(ひと) 獄中花(オクチュンファ) 옥중화 全51話

第17話 あらすじ

オクニョはソン・ジホンに会い、彼の祖父がパク・テスであり、その命を奪ったのがユン・ウォニョンだと伝える。オクニョは署長に、囚人たちが外で働くことで典獄署(チョノクソ・監獄)の収入を得ることを提案。塩作りを考えるが、チョン・ナンジョンが取り引きを独占していると知る。一方、王の明宗(ミョンジョン)は、ユン・ウォニョン夫妻の横暴ぶりを罰するべきだと母の文定(ムンジョン)大妃(テビ)に訴える。

http://www9.nhk.or.jp/kaigai/okunyo/

teikokuさんより

第17話 感想

ジホンは自分がパク・テスの孫だということを受け入れてはくれません。正義感が強いジホンです。突然現れた茶母のオクニョから、自分が謀反を企てた人物の孫だなんて話を聞かされたところで素直に受け入れられなくて当然です。

しかし、皮肉にも自分が信頼していたユン・ウォニョンの言葉で確信することになるとは。パク・テスが最後まで気にかけていた孫への遺品をようやく渡すことができたオクニョ。パク・テスの遺言を遂行でき、肩の荷が下ろせたとことと思います。

遺品の手紙にあった「いつか役に立つ物」とは何なのかが気になるところですが、とりあえずは良かったです。あとは、これまで信頼していたユン・ウォニョンが祖父の敵と知ったジホンがどう出るか。また、それによってシネも影響を受けることは必至。今後、オクニョの敵とならないか心配です。

王の明宗(ミョンジョン)が再びオクニョに典獄署の実情を聞きにきましたが、そのシーンが可笑しかったです。確かに、あのミョンジョンの行動は怪しいです。しかし、テウォンたちまで巻き込んでミョンジョンを捕らえようとするなんて。その上、テウォンは「いかにもヤサ男で怪しい」とか「男には分かる」とか自信満々。あまりの可笑しさに声を上げて笑ってしまいました。

本当にオクニョは聡明です。典獄署の囚人に外で働いてもらい収入を得ようだなんて。図らずも、それによりナンジョンへの復讐も手助けできる。しかし、その辺はナンジョンも抜かりはなく、邪魔されないようウォニョンに手を回すとは。テウォンからも頼まれたウォニョン。ウォニョンは憎い存在ですが、テウォンに対しては愛情があるようです。その彼は、ナンジョンを取るのか、テウォンを取るのか。どんな決断を下すのか楽しみです。

さらに、オクニョの母の形見と同じ指輪を持つ謎の女性も再び登場しました。そちらも何か動きがありそうで気になります。

チュ・ジンモ 주진모 イ・ジハム役 典獄署の囚人、オクニョの師
出典:http://www.imbc.com/
生年月日1958年2月26日
王の顔(2014) チョン・チョル 官僚
剣と花(2013) ヤン・ムン 中立派の貴族
馬医(2012)舎岩(サアム)道人 クァンヒョンの師、朝鮮三大名医
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第18話 あらすじ

オクニョはチョンドンからの知らせで、母の形見と同じ指輪を持っていた元女官に1人で会いに行く。殺された母のことを話し、なにか心当たりがないかと尋ねると…。オクニョは自分の母親について調べていることをユン・テウォンに打ち明ける。息子ユン・テウォンから、塩の取り引きの入札が公平に行われるよう口利きを頼まれたユン・ウォニョンは…。ソン・ジホンは父に、ユン・シネとの縁談を考え直したいと告げる。

http://www9.nhk.or.jp/kaigai/okunyo/

teikokuさんより

第18話 感想

痛快でした。まさか、塩を軍に納品できることが決まっていたなんて。ナンジョンの汚い手口に騙されてしまうかとドキドキしましたが、こんなことだったとは。上手い演出です。途中、ナンジョンが大損すると聞いたときには負けた方が良いのではないかと思いましたが、それではあまりに悔しい。ナンジョンだけ痛い目をみるなんて、最高の結果に大満足です。

明宗は最近よくオクニョを尋ねてきますが、これは単に典獄署の実情を知りたいだけでもなさそう。オクニョはそんなことなど全く意識していませんが、テウォンはその事に気がついているようです。何事にも冷静に対処するテウォンが嫉妬心をあらわにして。なんだか可愛い。ここへ来てライバル出現。今後どうなるのか気になります。

嫉妬と言えば、シネがオクニョに嫉妬しかなり冷静さを失っていますが、下女のチョングムに八つ当たりして殴るとは…。でも、面白かった。チョングムが空気を読めずにヅケヅケ発言するから笑えます。また、チョングムがウォニョンの気を引こうとジャコウの香料を使う所も最高に可笑しかった。

チョングム役のイ・イプセさんは「チャングムの誓い」や「イ・サン」、「ホジュン~宮廷医官への道~ 」などでもこのようなちょっとした立場で出演しているので親しみを感じます。

オクニョは謎の女性から母の手がかりらしき情報を入手できました。母の名前はガビでどうやら女官だったようです。ドラマ冒頭でウォニョンがオクニョの母を追っていました。まさかオクニョが子供がいなかった先の王・仁宗の娘なんて事はないですよね…。とにかく、真相に近づくのはもう少し先になりそうです。

テウォンにしてやられたナンジョンはどう出るか。オクニョとテウォンと明宗の関係や、再び姿を見せたカン・ソノの存在も気になります。

オクニョ 運命の女(ひと) 第19話・20話 あらすじと感想 ソ・ハジュン 明宗役 パク・ギルス ユ・ジョンフェ役

オクニョ 運命の女(ひと) (原題:獄中花) あらすじ 視聴率 キャスト 感想
【スポンサーリンク】


【スポンサーリンク】

ピックアップ記事

  1. 韓国ドラマ時代劇ランキング 2017
  2. 韓国ドラマ時代劇 名子役 ランキング 2018
  3. 韓国ドラマ時代劇 イケメン俳優 ランキング 2017
  4. 韓国ドラマ時代劇 美人女優 ランキング 2017

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ

固定ページ

  1. ランキング(投票)

    韓国ドラマ時代劇 イケメン俳優 ランキング 2017
  2. ランキング(投票)

    韓国ドラマ時代劇 名子役 ランキング 2018
  3. ランキング(投票)

    韓国ドラマ時代劇 美人女優 ランキング 2017
  4. ランキング(投票)

    韓国ドラマ時代劇ランキング 2017
PAGE TOP